時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

缶詰いっぱい食べました!/春の宮島 大鳥居

Posted by まろん on   5 comments

IMG_5062 (600x400) 
暖かかったり肌寒かったりの今日この頃。

おネコ様もお昼寝の場所がなかなか定まらず、

この日(22日)は冬の定番=キッチンの椅子の上。



IMG_5066 (400x600) 
ぐっすり眠っている間に、箱を開けちゃいましょう!



IMG_5067 (600x400) 
中味は、「モンプチ 必ずもらえるプレゼント2013」の、

バラエティセットと エコバック!

まろ君が食べに食べた約3年分の缶詰のシールで応募いたしました。

前回のプレゼントからず~~~っと貯めていたので、

もっと豪華(?)なものをいただくこともできたのですが、

まぁ、それはまた次の機会に…。(*^_^*)



IMG_5072 (600x399) 
エコバック、デザインと色がカワイイのだ。

マチも広くて、使いやすそう。



IMG_5078 (600x400)
反対側はこんな感じ。表にポケット。



IMG_5083 (600x400)
コンパクトにたたんで、ボタンでパチンと留めると、

ペンケースぐらいの大きさに。

毎日の買い物に活躍してくれそうです



IMG_5092 (600x378) 
寝坊助まろ君もやっと起きてくれました。(なんだかお見苦しいものをお見せしちゃったような。)

やっぱり箱はチェックしなくっちゃね!



IMG_5109 (600x400) 
   ふ~~~~ん・・・・。



IMG_5111 (600x392) 
   どうも、この横穴式ってのは、もうひとつだにゃ



IMG_5117 (600x400) 
とか言いながら、床に置いたら、また入ってるし。



箱は、あまりお気に召さなかったのか、入っても居心地をちょっと確かめるだけで

もう十分な様子。

でも、この後、プレゼントにいっしょに入っていたあるものが、

箱よりもずっとずっとまろ君のハートを射止めてしまい!? (^^;)

(次回に続く~。)



 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「春の宮島」編、今日はいよいよ最終回。

読んだところで何の足しにもなりませんが、 お時間のある方はどうぞ~。



桜も雛もたっぷりと堪能した春の宮島。

気がつけば日もそろそろ傾き始め、

名残惜しいけれど、帰路につくべく桟橋に向かって歩き始めたのですが
IMG_4751 (600x392)
この光景を見たら、大鳥居まで行かなくっちゃ!ですよね~。(*^_^*)



IMG_4780 (600x397)
この日(4月1日)は中潮。夕方の引き潮が結構大きくて、

大鳥居の根元まで楽に歩いて行くことができました。

干潮ならいつでも行けるかというとそんなことはなくて、

干満の度合いはちゃんと調べておく方が無難だと思います。

私は、いつも行き当たりばったりですが。(^^;)

(宮島の年間潮汐表は、こちらこちらも参考になります。)



IMG_4784 (401x600)  
いや、ほんまにでっかいわ…。

根元をじっと見て、そして上を見上げる。



IMG_4789 (600x392) 
ゾウのような足…。

この大鳥居の根元、海底に埋まってるのではなく、

砂の上に置かれているだけだって、知ってました?



IMG_4793 (600x400)
根元には、お賽銭(?)がいっぱい!



IMG_4795 (600x399) 
隙間があれば、どこにでも。(@@;)



IMG_4785 (388x600) 
人の頭の少し上の部分、木がモザイク状に入り組んだように見える部分から下が、

補修(根接ぎ)の跡でしょうか。



大鳥居は清盛の時代からあったそうですが、

(前回もちょこっと書きましたが)現在のものは、明治8年(1875)に再建されたもので、

8代目とのこと。

海中の楠の耐用年数は約80年。昭和26年に一度大補修されました。

主柱の根元の腐朽した部分を切り落として根接ぎをしているのですね…。



でも、それからすでに60年以上が経過。

次に修理、あるいは再建しようとしても、もうこれだけの楠の大木は無いのだそうです。

今あるものが少しでも長く持ちこたえられるように、

主柱の下の部分は、合成樹脂で固められています。



IMG_4791 (600x400) 
両面に扁額。



IMG_4765 (388x600) 
真横から。



IMG_4808 (600x378) 
1年に1~2度お邪魔する宮島ですが、

タイミングが合わないと、なかなかこういう場所までは来られません。



IMG_4770 (600x389)
波穏やかな瀬戸の海。

100年先も1000年先も、この美しい場所が、

今のこの形を保ち続けていますように…。



「春の宮島」編、これにて終了~。

長い間お付き合いくださいまして、ありがとうございました。♪

スポンサーサイト

猫切手の招待状/春の宮島 千畳閣と宝物館

Posted by まろん on   6 comments

IMG_5019 修正 (600x385) 
まろ君に、招待状~!(2週間も前に来てた。)

そろそろ注射の時期だそうですよ。



IMG_5018 修正 (600x393) 
   ちゅうしゃ?

   はて?何のことでしか???


   
IMG_5052 修正 02 (600x400)   
   ちゅうしゃ、ちゅうしゃにゃんだったでしかね???



この葉書、ステキな猫ちゃん切手が貼ってありました。

平成21年発行の「動物愛護週間制定60周年記念」切手。

いい絵柄だな~と思ったら、好きなイラストレーターさんの作品でした!(*^_^*)

     ・

     ・

     ・

IMG_5059 修正 (388x600) 
   うわ~~~~!思い出したでし!



あらら。下手に思い出さない方がよかったかも…?(^^;)

明日予約入れちゃったよん。



 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ダ~ラダラと続いております「春の宮島」編。

そろそろ締めくくらないとね…。(^^;)
IMG_4561 (600x400)
せっかくだから、千畳閣も見ていきましょうかね。



IMG_4430 (600x397)
秋に来たときは銀杏が見事だったけど、桜との取り合わせもやっぱりいいですねぇ。



IMG_4407 (600x395) (2)
歩き疲れた体には、中のヒンヤリとした空気が心地よく…


  
IMG_4396 (600x365)  眺めも言うことなし!



IMG_4342 (600x400)
床の補修の跡を見て歩くのも楽しい。(^^) 






 
IMG_4590 (454x600)
何度も訪れている宮島だけど、実は一度も入ったことのなかった宝物館。(^^;)

いつもは素通りなんですが、ちょっと覗いてみましょうか。 (*^_^*)



ものすごく構えの大きな建物(鉄筋コンクリート製)なんだけど、

ワンフロアのみで、思ったほど内部は広くなく

有名な「平家納経」をはじめ、能装束や面、扇、絵画、刀剣、鎧甲など、

国宝・重要文化財を数多く含む所蔵品の総数はなんと約4500点!

でも、展示されているのはその中のごく一部。(T_T)

今回見た印象としては、いろんな時代の様々なジャンルの展示物が、

あまり脈絡無く並んでいるような気がするのですが

もうちょっと見せる工夫がほしいかな~。(生意気言ってスミマセン。)

それと、外国からの観光客用に、もう少し詳しい解説があってもいいかも。

超お宝の「平家納経」はレプリカでしたが、これはやっぱり必見ですね!

豪華絢爛な装飾美!(@@) 

水晶でできている軸とか、実物を見て初めてそうだったのか~と

でも、4巻ほどしか並んでなくて、ちょっと物足りない。

レプリカでいいから、できれば(あるのなら小出しにせずに)全部見せてほしい~!



それからですね、展示物の中に「偕老同穴」というのがありまして。

どういうご縁でここに展示されているのか、その由来は忘れましたが、

(おそらくは、「平治物語」の関係で?)

これもなかなか面白かった。

「なんじゃ、こりゃ?」と思って目を近づけてみると、

真っ白でなんとも繊細で綺麗なガラス細工!そして、その中に。(@@)

へぇえええ~! 海の中には、こんな不思議なものがあるんですねぇ。

カイロウドウケツ。皆様、実物をご覧になったこと、あります?

(大きな声では言えませんが、これを見るまでは、「偕老同穴」という言葉、

あたしの頭の中では、何とな~く「同じ穴の狢」の同義語のようなものかと…。(^^;)

言葉を知らないと恥かきますね…。)




IMG_4586 (600x397) 
宝物館前に展示されている、大鳥居の足の根元材(楠)。

現在の鳥居は明治8年に建立され、昭和26年に大補修されました。

そのときに取り替えられた旧根元材の一部だそうです。

大きさにビックリなんだけど、空洞もすごい。(@@;)



で、大きなお世話?ですが

 これを写真に収めようとして後ずさりし、柵のない段から落っこちた人は、

多分1人や2人じゃないよな~と思えるのでありました。
 
カメラを構える人は、常に足元
や周囲の安全に気をつけなくっちゃね!

(昔、息子の勇姿を撮ろうとして○○○に落っこちた経験のある私、

それ以来、十分注意するようにしています。^^;)



あ~、やっぱり終わらなかった!

「宮島編」あともう1回続きます!(^^;)

寒の戻り/春の宮島 多宝塔の桜

Posted by まろん on   6 comments

IMG_4915 (600x400) 
珍しく、毛布にくるまってお休み中のまろ君。(4月11日)



寒の戻りとなった昨日。

日中もストーブのお世話になりっぱなし、夕食は鶏団子鍋であったまり…と、

冬に逆戻りのような一日でした。

今日も昨日ほどではないけれど、やっぱり朝はちょっと寒かった。(>_<)

(特に家の中…。)



IMG_4950 (600x400) 
   ぬくぬくだにゃん



まろ君が毛布の上でフミフミするのは日常茶飯事だけど、

自分から毛布やお布団に潜り込むことは滅多になく。

(ひとりでお留守番中、暖房なしで耐えきれなくなったら、

なぜかダンナ様のベッドに潜り込んでいた…!というのがこの冬何度かありました。

なんで私の布団じゃないんだろ~?)



昨日の場合は…

ソファで昼寝中に、かかってきた電話で慌てて飛び起きた私が、

そばにいたまろ君に無意識に毛布を掛けてしまったのですが、

嫌がるでもなく、気がつけば1時間以上もそのままぬくぬく…。

あら、まあ!そこでずっといい子にしてたんだ~。(*^_^*)



暖かいのに少しずつ慣れて来ただけに、寒の戻りはイヤですよね~。

でも、まだまだこうやって、

近くで暖を求めるおネコ様の姿が見られるのはうれしいことです。

本格的な春の暖かさがやってくると、ごはん時を除いて、

完全に別居状態に突入ですから…。(T_T)



 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



瀬戸内桜だより、今回は宮島編です。

「え~まだあるの?桜の写真はもういいって!」

まぁまぁそうおっしゃらずに。(^^;)

お急ぎでなければ、ゆっくりお付き合いくださいな~。



年度が改まったばかりの4月1日。

JRに乗ってトコトコと宮島まで出かけて参りました。

(仕事をしているときには考えられない優雅な生活だわ。罰が当たりそう…。)
IMG_4038 (600x399)
よしよし、桜もちょうど見頃のようです。(*^_^*)



お彼岸を過ぎた頃から、毎日のように週間天気予報と桜の開花情報とをにらめっこ。

熟慮の末、いつ行くか?今でしょ!と選んだのがこの日でした。

実は、昨年もひとりでこっそりと(?)桜の写真を撮りに行ったものの、

晴天に恵まれず、満開の桜でも写真の出来はさっぱり…。(>_<)

今年は、去年より9日も早かったのですが、まさに今が花盛りで天気も上々!



え?ひとりぽっちで花見なんて、かわいそう…。寂しくないのかって?

いえいえ、心配ご無用~。

ひとりで自由気ままにウロウロするの、好きなのです。

それに、写真を撮るのが目的なので、行動が結構ワガママ。(^^;)

今回も、時間を変えながら同じところに何度も足を運ぶという、

撮影を優先したちょっとハードなスケジュール。

こういうのに付き合うのも、大変ですよね~。



IMG_4059 (600x396) 
今回の一番の目的地=多宝塔の周りも、見事な桜!(以上2枚は、行きのフェリーの中から。)



ここからの眺めを撮りたくてねぇ…。 

まずは朝の風景をパチリ。(10:40)
IMG_4147 (600x394) 
秋にもちょこっとご紹介しましたが、ここは、知る人ぞ知る、宮島の最高の撮影スポット。

私のようなお手軽なデジイチではなく、立派なカメラと三脚をお持ちになった、

腕に覚えあり!というようなおじさま方がいらっしゃる場所です。 

(もちろんコンデジ組の若い人もいますけどね。)
 
そういう方々とお互い場所を譲り合いながら、それぞれ真剣な表情で風景と対峙。



私なんぞは、今のデジイチを手にした数年前から、

知識も技術もセンスも全然進歩・向上なしの相変わらずのド素人なので、

わざわざ写真を撮りに行くというのも恥ずかしいのですが…

でも、まぁ、好きなんだからいいですよね?(^^;)  



IMG_4163 (600x392) (3)
この位置からは、宮島の主要な建造物がほとんど全て、きれいに見渡せます。



IMG_4594 (600x399)
多宝塔のすぐそばには、谷を埋め尽くす桜・桜・桜…。 

たくさんの枝が重なり合って、花の雲のよう。

(奥行きを表現するのは難しいですね。 )



IMG_4247 (600x400) 
桜の下には、草の新芽や苔を無心に食べている鹿。



IMG_4628 (600x400) 
宮島は紅葉の名所として知られるけれど、桜も島内のあちこちにあり、見応え十分。



IMG_4640 (600x400)多他を圧倒するかのような老木の美しさ…。



お昼ご飯を食べて、あちこちいっぱい見て、

せっかく来たのだからと、再び多宝塔へ。
IMG_4619 (401x600) 
午後の風景。(15:25)

う~ん、ちょっと薄雲が広がってるせいか光が弱いなぁ…。



今日はこのまま終了かな~とあきらめて、

桟橋近くまで帰りかけたところで、いきなり天気回復!

慌てて引き返し…
IMG_4719 (600x393)
三度目の多宝塔。 (16:20) (^^;) ←めちゃくちゃ暇人。

光の加減で、同じ場所でも全然見え方が違ってきますね。

お天気に大きく左右される風景写真だけど、

どうせ撮るなら、できるだけ良い条件の下で撮りたい。(^^;)

本気で撮影する人は、何日も何時間も粘って、決定的な瞬間を見逃さないのでしょうね。

立派な機材を担いで上って来られた方とちょっと言葉を交わしたところ、

「午前は、岩国の錦帯橋に行ってたけれど、曇りで全然ダメだった。」とのこと。

「春に三日の晴れなし」と言われるように、綺麗な青空の下で桜を撮るのも、

なかなか大変です。(^^;)



次回も宮島の写真をたっぷりとお送りいたしますね。え?もうごちそうさま~?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。