時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり好奇心!

Posted by まろん on   9 comments

← コメント欄をチェックするときは、日付の下の CM をクリックしてね。 
 
 
 
 
天敵娘に対する恐怖心+警戒心 VS 山のような荷物に対する好奇心

果たしてその結果は…



そりゃ~、やっぱりおネコ様ですから…ね!
20110404-04.jpg  
ふんがふんが!

パンダの生首から立ちのぼる怪しいニオイ…。



20110404-05.jpg 
これで、ねぇねぇのニオイに対する免疫はバッチリだにゃ!
 
 
 
まずは、少し離れた場所から、放置されてる荷物をこっそりチェック!

これで、ウォーミングアップは、完了のようですにゃ。
 
 
 
20110404-08.jpg
へぇ~、ガラクタがいっぱいだにゃ…。
 
 
 
保護者(私)がそばについているのをいいことに、

だんだんと強気の姿勢で荷物の山に入り込んでいくまろ君。

(私は写真を撮ってるだけだけど~。)



20110404-09.jpg 
何か掘り出し物はにゃいかにゃ~。


 
フリーマーケットをのぞき込むおばさんのような雰囲気?



20110404-13-01.jpg 
知らず知らずのうちに、娘のすぐそばまで接近…!

夢中になると、状況が見えなくなるのは、人間もネコもいっしょですね~。 



20110404-06-01.jpg 
この箱も、早く開けてほしいにゃ~。 (注:娘は酒飲みではありません。)
 
 
  
モップは、立ち上がってもやっぱりモップ!



20110404-07.jpg 
うしししし、やった~!
 
   
 
やっぱり目的は、箱なんですね。



20110404-11.jpg 
              これも、ボクのものでし!



20110404-12.jpg 
あら~、その箱、ピッタリね! よかったじゃん。



20110404-15.jpg 
ずっとそこに入ってていいわよ~。



20110404-14.jpg 
              それはイヤにゃん!
 
              もっと見る~!邪魔してやる~!
 
  

いっしょにゴソゴソやっているうちに、

娘に対する警戒心もかなり薄らいで来た様子。

(連帯感が生まれたのか?)



片付け前には、立て続けに3回も「フーッ!!」と威嚇していたのに、

その後は、ほとんど無風状態。

(それはそれでつまらん…。)



さらには、1日1回、クリスピーキッスで手なずけられて、

早や、娘の手の内に…?

(おいしいもので釣れる、単純食いしんぼネコめ~。)



ま、娘との同居は、しばらくの間続きそうなので、

お互い穏便に過ごしてもらうのが一番ですね!(*^_^*)  
            
             
      
   

     
         
        
できることを少しずつでも ~東日本大震災に関する支援~
 
● 緊急災害時動物救援本部 
  
    被災動物に対する救援・支援。
    一部の物資については、受け付け再開。
      ・ケージ
       ※サイズは問いませんが折りたたみのできるもの。
       ※予めきちんと組み立てることができるか確認してからお送りください。
      ・ウンチ袋
      ・ウェットティッシュ(ペットの体を拭くためのもの)
      ・ドライシャンプー
      ・消臭剤

 
● 被災地へ、本を届けよう
   
    被災地の方々が楽しめる絵本や児童書、
    その他役立つ本があれば。

 
● アウトドア義援隊
 
    被災地で必要とされているけれど、
    自治体などの取り組みでは受け付けてもらえないような
    細かな物資も送れるようです。
    企業の輸送ルートを活かしたきめ細やかな活動が、とても心強い!
    
注! 4月8日(金)をもちまして、援助物資の受付を終了させていただきます(4/5)
    とのことです。援助金の受け付けは、継続します。
    
   


昨夜の大きな余震、やっと少しずつ復旧への道を歩み始めた被災地に、

またしても大きな打撃をもたらしたようで、心を痛めております。

いつになったら、心穏やかに暮らせる日が来るのか、

遠くから見守るしかないのですが…。



広島県では、先月末より、こういうプロジェクトもスタートしています。

● 小学校まるごと集団疎開支援プロジェクト

親元から離れてしまう…というのが、どうしても大きなネックになりそうですが、

被災地がもう少し落ち着くまで、思い切って集団で疎開というのも

1つの選択肢では。

(できれば、保護者の皆様もご一緒に…というわけにはいかないのかしらね。)



周辺は田舎で、な~んにもないところですが、

(島に10数年住んでいたので、ウソは申しません。

あ、広島市からでも、そんなに遠くはないですよ。 ^^; 

海の近くがイヤでなければ、のんびりと穏やかな瀬戸内の気候の中で、

過ごすのもよいかと…。

多くの人たちに、きっと温かく迎え入れてもらえると思いますよ。(*^_^*)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。