FC2ブログ

時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

2011年夏 北海道へ その11(4日目 ニコライブルク表敬訪問)

Posted by まろん on   10 comments

1ヶ月かけて、のんびりのんびり綴って参りました北海道旅行記。

ずいぶん間延びしてしまい、

自分自身、細かいことはもう全然覚えてなかったりするのですが(^^;)、

本日をもって、めでたく最終回~!!!

いや~、長かった。



ここまでお付き合い下さった皆様には、本当に感謝!

今回も、お時間の許す限り、ゆっくり見ていってくださいね。

最終回ですから、どど~んと長いですよ

(本当は、2~3回分の内容があるんじゃないかと…。)

あ、それから、今回登場するネコちゃん達との会話は、

あくまでも私の脳内劇場のものですからね~。

侍従長殿Rucionさん、失礼の段は、どうぞお許しを~。 m(_ _)m

(一応、「ジョゼフィン語検定第1級」には合格しているけれど、

細かい言い回しが、まだちゃんと身についていないかもなのよ。)







さてさて。

ついにニコライ宮殿に足を踏み入れた私。

まずは、アレクセイ皇太子殿下の熱烈歓迎を受けた後、

奥の間にて、次々と美しきネコ様達に御挨拶を申し上げるのでありました。



ニコライブルク (30) 
(フレイヤ) ん?その方ぢゃな?

        あのモサモサモップに日夜弄ばれておる情けない飼い主は。


おお~っ、これはこれは女神様!

お目にかかれて光栄にございます。(*^_^*)

さすがに何でもお見通しで、ビックリでございますねぇ。 (^^;)


 
(フレイヤ) 遠路はるばる大儀ぢゃのう。
ニコライブルク (34) 
   来た早々ではあるが、そちが帰国した暁には、あのモサモサに伝えるがよい。

   長毛族たるもの、夏が来る前には、

   妾のように思い切って美しく変身するのが賢明ぢゃ。


ははあ~。しかと承りましてござりまする。

(よし、来年は、うちの子も、情け容赦なくライオンカットじゃ!) 



ニコライブルク (41) 
2頭身のように見えるそのお姿も、



ニコライブルク (86)  
うなぎ犬…?と思わず不敬な連想をしてしまうその後ろ姿も、



ニコライブルク (61) 
ルーズソックスを履いたようなおみ足も、

みんなみんなカワイイフレイヤちゃんなのでした!



ニコライブルク (76) 
客人がいても、構うことなく御寝所でぐーすかぴー。

まったくもって天真爛漫な女神様~。



…と、ふと視線を感じて振り向くと…



(ニコライ) そちは何者ぞ!?

        もしや、宮廷スキャンダルを飯の種にするパパラッチか!?
ニコライブルク (40)
うわっ!ついに登場! にこちゃん大魔王…

じゃなかった、ニコライ皇帝陛下!!

ニコライブルクを統括する美しきおネコ様であらせられまする!



アレクセイ皇太子殿下と同族とは思えぬほど物静かな陛下。

賢そうなお目々で、ずっとこちらを観察してらっしゃるお姿は、

まさに皇帝としての威厳と気品に満ちあふれており…
ニコライブルク (101) 
歩くお姿も、とっても優美!

ほんとに綺麗なネコ様です。



ニコライブルク (102) 
(ニコライ) はるばる朕の姿を拝みに参ったとは、殊勝な心がけじゃ。

        ところで、そちの住む国は、

        夏の間はそれはそれは暑くて、人間が溶けるほどじゃと聞くが、

        ニコライブルクに住んで朕に仕えれば、快適な毎日が送れるのにのう。

   

ははあ~、そうしたいのは山々でございますが、

国の方に、既にお仕えしておりますにゃんこが

首を長くして待っております故、

残念ながら今日の飛行機にて帰らねばなりませぬ。



ニコライブルク (103)   
(ニコライ) ふぅ~ん。そうか。つまらんのう。

        (この者をうまく利用すれば、

        南国への侵攻の足がかりになるかと思ったが、

        あまり役に立ちそうではないの…。)



ニコライブルク (105) 

(ニコライ) ま、しばしの間ゆるりとして行くがよいわ…。



ということで、お茶の時間~
Picnik コラージュ ニコライブルクのケーキ001
ニコライ宮殿御用達ケーキ屋さんのスイーツ!

テントウムシのケーキも気になったけれど、(←これは侍従殿のお腹の中へ。)

チョコとベリーの組み合わせが好きなので、左のをいただいちゃいました。

右端の焼き菓子は、Rucionさんがお土産として渡してくださったもの。

「まろんケーキ」ですぞ!?

なかなか心憎い演出ではございませんか。(^^;) 



ここで、再びアレクセイ皇太子殿下の登場~!
ニコライブルク (53) 
厳しい軍事教練の様子をご披露くださいました。

あまりの動きの激しさに、カメラの性能がついていけません…。(>_<)



よくわからないまま、モードを変えて撮ったら…
ニコライブルク (57) 
悪魔のような形相が写っておりました。(^^;)



そして、殿下の必殺技!

(ごはんの時間じゃなかったのに、特別に披露してくださいました。)
ニコライブルク (83) 
立ち食いペロペロ~。

しなやかな体で運動神経抜群!

この前日に見た「クロヒョウ」の姿がどうしてもダブっちゃう~。



ニコライブルク (81) 
ずっと立ったまま、器用にスプーンを舐め続けております。


  
そうそう、Rucionさんのネイルがとっても綺麗なの

ファッションのセンスもステキだった~。(*^_^*)



なんだかんだとみんなで楽しく過ごしていると、

最初にちらっとだけ現れて、後は姿を隠したまんまだったジョゼフィン嬢も

いつの間にか姿を見せ…
ニコライブルク (64) 
(侍従殿) ほ~らほらほら、大丈夫だよ~。

(ジョゼフィン) まだちょっと緊張するなのよ!



とか言いながら…
ニコライブルク (67) 
(ジョゼフィン) ふ~ん。商売する気はなさそうねなのよ。 



あ~、こんなサービスショット、載せてよかったのかしら…。(^^;)



ニコライブルク (65) 
(ジョゼフィン) このおばにゃん、単なる猫バカ?なのよ。



ニコライブルク (97) 
(ジョゼフィン) まったく、あたしとしたことが、迂闊だったわなのよ。



ニコライブルク (98)  
(ジョゼフィン) このまま黙って帰らせるのはもったいないなのよ!



ニコライブルク (93) 
(ジョゼフィン) そこのおばにゃん!

          次に来るときは、どど~んと取引の品を用意して

          あたしと商売するなのよ!

          侍従のおじにゃんからタップリ搾り取れる柑橘類などが

          もってこいなのよ!



ニコライブルク (73) 
(ジョゼフィン) 友好の印に、ちょっとだけモフらせてあげるなのよ~!



ああ~、きりりと美しいジョゼフィンちゃん!

こんなにたくさん写真を撮らせてくれるなんて、本当に夢のようでした。

おまけに、待望のモフモフまで!もう感激で胸がいっぱいですよ~。 (*^_^*)

やっぱり賢いネコ様は、人畜無害な人間をちゃんと見分けられるのですね? (^^)



さて、名残は尽きませんが、

そろそろお暇をしなければならない時間と相成りまして…。



ニコライブルク (107) 
え?箱入りフレイヤ様お持ち帰り!ですか!?



ニコライブルク (108) 
(フレイヤ) 妾は暑い国に行くのはイヤぢゃ!



ニコライブルク (44) 
(フレイヤ) 女神様love!のぢぢゅうが、妾を手放すわけがなかろう!

        これだから猫バカは困るのぢゃ!



(あ~ん、うちのモップ猫のお嫁さんにしたかったのに…。残念!)



…と、まぁ、 楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまい…。



この後、新千歳空港まで侍従殿の運転する車で送っていただき、

無事に帰路につくことができたのでありました。

新千歳空港、大きいし、人は多いし…。(@@;)

あれは、1人で行ってたら、絶対に迷子になってるわ~。

ちゃんと見届けてくださってありがとうございました。(*^_^*) 



ご旅行出発前の貴重なお時間を割いて、

あれこれともてなしてくださったご夫妻。

本当になんとお礼を申し上げてよいやら。

今回は広島の方まで足を伸ばしていただくことはかないませんでしたが、

いつの日かこちらにいらっしゃるときには、是非お声をかけてくださいませ。

現在はペーパードライバーのため、運転はできませんが、

カーナビの補佐ぐらいはできるかも…です。(^^;)



 




水に助けられ、水に守られ、水に癒されて、日々生きている私達。

でも、天の神様の采配次第で、

水は、多くの命を奪い、人々の生活を壊し、

絶望の淵へと追いやるものへと姿を変えて、暴れ狂う…。



紀伊半島を中心に多くの悲しみをもたらした台風12号。

水の怖さを、これでもかというほどまた見せつけられてしまいました。

私自身、大雨による浸水の可能性の高い地域に住んでいるので、

伝えられてくるニュースは決して他人事ではありません。

(あれだけの雨量だと、どこにいても、安全とは言えないですよね…。)

被災された方々には心よりお見舞申し上げます。



この後さらに、北海道には記録的大雨の恐れが…!?(@@;)

どうかこれ以上大きな被害が出ませんように。

北海道にお住まいの皆様、お気をつけて!