FC2ブログ

時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

新しいベッド?/1泊2日山陰小旅行 その4

Posted by まろん on   10 comments

20110916-06.jpg
なんだかとってもご満悦な表情で寛いでいるまろ君。

ただ今、彼は、新しいベッドをお試し中…
 
 
 
20110916-05.jpg 
ではなくて、

旅行用キャリーバッグの中です。



あ~、さては3連休だから、またどこか行ったんだな!?

と思ったそこのアナタ。

違いますよ~。(^^;)

9月は家業の方が忙しく、連休だ祝日だと言っても、仕事三昧でございます。

(というほど働いてないけど。)

おまけに、休みの日は、一日三食ごはんも作らなきゃいけないし…。

ブツブツブツブツ。



20110916-01.jpg 
   出てやるもんか~。



キャリーは、娘との兼用。

中身の出し入れをするのに、開けっ放しにしていたところを

占領されちゃったみたいで。

あ、娘も、遊びや旅行じゃないですよ~。



20110916-07.jpg 
このまま、まろ君ごとお出かけしたくなりますが、

しかし、他の荷物が全く入らないんじゃ困るよね~。



結局は、違うバッグで行くことにしたので、

まろ君、追い出されずにすみました。



20110916-08.jpg 
ということで、ゆっくりお休み~。


            
 



お彼岸シーズンは、ちょっと忙しくて。(^^;)

この先1週間ほどブログ更新やらいただいたコメントへのお返事やら、

十分できないかも…です。

読み逃げ常習犯をお許しくださいませ~。m(_ _)m







1泊2日の山陰旅行記、今回が最終回です。

(1ヶ月も前の話をダラダラと…。すみませんねぇ。)



朝から雨の津和野。

そういう展開もありかと思い、2日目のお楽しみにしていたのが、

こちらの建物。
津和野 2日目
津和野町立安野光雅美術館。

2001年3月の開館なので、ちょうど10周年ですね。

JR津和野駅の目の前という、アクセス抜群のところに建っています。



安野光雅さんも津和野のご出身。

(大正15年のお生まれ。もう85歳になられているとは!)

安野さんの作品のファンの方は、必見の美術館。(*^_^*)

絵本等でおなじみの優しく淡い色調の水彩画やイラスト、

演劇用ポスターなど、数々の幅広い作品に出会えます。



美術館ができているというのは、随分前から知っていましたが、

中身については、全く予備知識なし。(^^;)

行ってみて、びっくり。

ただ絵を楽しむだけじゃないんですね。
津和野 2日目 (2)
展示室から続く内部には、



津和野 2日目 (1) 
長~い木の廊下と…



津和野 2日目 (10) 
教室!?


 
津和野 2日目 (6) 
昭和初期の木造の教室を再現しているそうです。

思わず「うわっ、懐かしい~!」なんて言ったら、

歳がバレますね。(^^;)

 

私が通った小学校、当時、鉄筋の新校舎も一部できていましたが、

木造の校舎や講堂も健在でした。(低学年の頃までですが。)

2人で使う机もバッチリありましたね~。

(天板がぱかっと開くようになっていたっけ。)

ガタガタいう木の椅子も、しっかりお世話になりました。



津和野 2日目 (4) 
もちろん、こんなにピカピカじゃなかったですけどね。

でも、木から伝わるぬくもりや懐かしさは、

今でも忘れがたい記憶として残っています。



ところで…
津和野 2日目 (19) 
教室の後ろの壁面いっぱいに掲示されていたこの作品!



津和野 2日目 (5) 
「尋五 山本幸子」なんて名前も入ってるけど、何だろう?

子どもの書いたものにしては、ちょっと違和感あるな~。

書かれている文章も、いやに意味ありげで難しい…。

「髑髏は髑髏と接して壁を成し、

壁はその並びざまにて許多の小龕に分れたり」

…はて?????



あとで検索をかけてみたら、

文章は、アンデルセン作、森鴎外訳の『即興詩人』、

文字は全て、安野光雅さんご本人の筆によるものでした!

ちゃんとした作品だったのですね。

(撮影については、展示室は勿論NGですが、それ以外はOKでした。)



『即興詩人』、読みこなすには、ちょっと根性が必要ですね。(^^;)

でも、秋の夜長に、雅文体に触れてみるのもいいかも…。



え~、話がちょっと横にそれてしまいましたが…、
津和野 2日目 (14) 
この美術館、さらにすごいことには、プラネタリウムまであるんですよ!

結構本格的な装置で、ゆっくり楽しめました。(*^_^*)



でも、やっぱり、ここも入館者が少なくてねぇ…。

落ち着いた雰囲気の中、静かに鑑賞できたのはありがたいのですが。

お盆明けの平日。雨。

う~ん、こんなもんでしょうか。

土日や祝日は、たくさんの人が見に来るといいですね。



津和野 2日目 (11) 
階段を上がって2階に行くと、



津和野 2日目 (16) 
安野さんのアトリエスペースを再現した部屋が。

ここで実際にお描きになることもあるそうです。



美術館の見学を終え、津和野の町へ。

相変わらず降ったり止んだりの雨模様なので、

ささ~っと見学。(^^;)



津和野 2日目 (23)
津和野と言えば、やっぱりこの風景ですよね。

白壁の武家屋敷に、鯉の泳ぐ堀割。

初夏には白や紫の花菖蒲が咲き誇る、美しい通りです。



津和野 2日目 (25)
鯉、なんて大きいんだ~!

それに、数も多い!!

この鯉たち、元々は観賞用ではなく、

戦など非常時の食料用として飼われていたんだとか。


  
津和野 2日目 (26) 
西周や森鴎外など、数多くの人材を輩出した藩校・養老館。

いつも素通りです。ごめんなさいね~。(^^;)



津和野 2日目 (29)
昔ながらの風情を残す通りに建つカトリック教会。



津和野 2日目 (33) 
シンプルなステンドグラスが印象的。

中は、畳敷きなんですよ。



津和野 2日目 (40)

教会のすぐ近くの喫茶店で、ちょこっとお茶をして…



津和野の町とさようなら~。
津和野 2日目 (42) 
国道9号線。

一桁ナンバーの国道ですが、何か?



「お昼は、ほれ、あそこ。あそこであれを食べたい。」とか言うダンナ様の運転で、

車は一路、浜田市へ。

ずっとこのブログとお付き合い下さってる方なら、

どこに行こうとしているか、ピンッ!とくる…かな?(^^;)



益田市を経由し、途中の道の駅(ゆうひパーク三隅)で、ちょっと休憩。
津和野 2日目 (54)  
  
(津和野は、この下の方。)



津和野 2日目 (51) 
そろそろ夏も終わりの日本海。



津和野 2日目 (50) 
曇り空のせいか、なんだかもの寂しいですね。



津和野を出発して約2時間。

たどりついた場所は…

そう、いつぞやの「しまねお魚センター」です。



ここで、ちょっと遅めのお昼ご飯。
津和野 2日目 (59)
海の幸、がっつりいただきました!

1人じゃちょっと食べきれないくらいのウニ丼!!

札幌で食べた小ぶりの三食丼よりも安かったかも~。(^^;)



…と、唐突ですが、これにて山陰1泊2日の旅行記、終了~。

最後までお付き合い下さって、ありがとうございました!(*^_^*)

え?何も事件がなくてつまらん…?

旅行にハプニングはつきものですが、

まぁ、無事に帰ってきたことを喜んでやってくださいな~。(^^)