FC2ブログ

時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

おはよう!おはよう!/姫りんごのジュレ

Posted by まろん on   9 comments

20111007-01.jpg 
おはよう!まろ君

   にゃっ



20111007-02.jpg 
おはよう!おはよう~!
   
   …。(あ~、そこそこ。もっともっと~。)



20111007-03.jpg 
おはようったら、おはよう~!

   …。(おはよう、おはようって、今日はやたらとうるさいにゃ~。)



20111007-04.jpg 
おっはよ~!!

   …。(もうっ!いいかげんにしてほしいにゃん!)



先日、某テレビ番組を見ていたら、

ゃべるねこちゃんなるものが登場しまして…。

(有名ブログのねこちゃんなので、ご存知の方も多いのでは?)

それ以来、うちのおネコ様にも、

「おはよう」ぐらいはマスターしていただきたいと思い、

朝ごはんの前に、ちょっとだけ特訓(?)してみました。



隣の部屋で寝ていた娘に、後で思いっきり笑われましたけどね。



まろ君も、結構鳴き声のバリエーションはありそうなんですが、

もともと無口な?タイプのためか、

鳴き声を聞くこと自体が珍しく…。(^^;)

「おはよう」も「おかえり~」も「ごはん~」も、

いつもだいたい一発勝負なんですよね…。



20111007-05.jpg 
   オトコは黙ってがぶりだにゃん!



あまりしつこく特訓すると、

一番先に「ばかやろ~!」という言葉をマスターしかねないので、

ほどほどにしておきたいと思います。


          
 







前回の続きです。

道の駅で150円で買った姫りんご。

ジャムもいいけど、果肉の部分が少ないし、少し渋みもあるので、

おいしいのができないかも…と思い、

失敗覚悟で、透明なジュレを作ってみることにしました。

(うまくいかなくっても、150円~。)

作り方は、こちらのブログを参考にさせていただきました。



姫りんごのジュレ01 
まずは、りんごの芯を取り除き、ザクザク切ってお鍋に投入!

ひたひたになるくらいのお水を加えて、コトコト煮ること約1時間半。 



姫りんごのジュレ02 
煮上がったりんご。

皮の色もすっかり抜け落ちております。



ザルで漉して、赤く染まったりんご液を取り出します。
姫りんごのジュレ04 
果肉もぎゅっとつぶして。

(果肉が液に混ざらないように注意!

果肉には、渋みやえぐみしか残ってないので、

もったいないようだけど、こちらの方は廃棄しました。)



姫りんごのジュレ03
ペーパータオルを用いて、もう一度きれいに漉します。

結構、いい色が出ていますね~。



お鍋に戻して、砂糖を加えて 、再びコトコト。

(姫りんご580gに対して、グラニュー糖300gにしてみました。)

約1時間半ほどかけて煮詰めて、

仕上げに、レモン汁を大さじ1杯と、ブランデーをちょこっと。



ジャムもそうだけど、こういうものは、火からおろすタイミングが難しいですよね。

もうちょっとじゃない?というところをぐっと押さえて、

まだゆるいかな~と思うところで止めないと、失敗しちゃうんだな…。

今回は、奇跡的に(?)絶妙なタイミングだったみたいで、大成功でした!



ちょうど300ml分できました。
姫りんごのジュレ06 
普通サイズのジャムの瓶1つ+ミニサイズのジャム瓶3つ分ぐらい。

(うちには、撮影に使える小瓶がこれだけしかないのだ…。)



思ってた以上に、綺麗な仕上がりに、大満足!

こんなにも透き通った赤い色になるんですねぇ。



これ、色も質感も、あの化粧品(美容液)にそっくりなんですけど。(^^;)

あ~、高いので、買ったりはしてませんよ~。欲しいけど。

ドラッグストアのテスターで試したことがあるだけです。


まぁ、似ているからといって、これを塗ったところで、

お肌のハリは生まれませんよね。

せいぜいアリが寄ってくるぐらいか…。



姫りんごのジュレ08
せっかく作ったジュレ、美味しいお菓子といっしょに食べなきゃね~

ということで、娘がスコーンを焼いてくれました。

クロテッドクリーム(もどき)も添えて。

大変おいしゅうございました



ジュレは、りんごの甘みと香りがしっかり入ってて、

プレーンヨーグルトにかけたり、お湯に溶かして飲んだりと、

色々楽しめそうです。

時間かけて作ったのに、あっという間に無くなりそう…。(^^;)

スポンサーサイト