FC2ブログ

時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑くても入ってます。/夏の黒川温泉 その2

Posted by まろん on   7 comments

IMG_9458 (600x400)
桃が6個入っていた箱。

まろ君の巨体にはやや小さめかと思われたのですが



IMG_9485 (600x367) 
   このくらい、朝飯前でし!

  
  

何とか入ったようです。(^^;)



IMG_9494 (600x399) 
そのまま余裕で毛繕いをしてみたり、



ちょっと気取ってポーズを取ってみたり。(顔にピントが合ってない。)
 
IMG_9546 (401x600) 

   ふふん。 来年は「桃娘」に代わって、ボクが岡山の桃をPRするでし!



IMG_9550 (373x600) 

桃と言えば岡山産!

岡山産の桃と言えば、清水白桃!

岡山生まれ岡山育ちの私は、そう思っています。(^^;)

あ~、今年の桃もおいしかった。 (って、食べたのはもう1ヶ月も前の話ですが。)



空き箱を捨てる際は、必ずおネコ様にお伺いを立ててから。

この箱、結構気に入ったみたいで、

時々中に入っては、しばらくぼ~っとしているようです。(捨てるのは、当分先ですかね。)

しかしこの暑さの中、なんでそんなところで寛げるのか

猫ってホントに不思議。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



黒川温泉、やっと本題ですよ~。(^^;)



黒川温泉到着は14時半頃だったかな。(朝7時40分頃出発。片道7時間!)

15時からのチェックインには少し早かったけれど、

部屋に通していただいて一息ついた後、

浴衣に着替えて早速温泉巡りへ!

  

黒川温泉には、渓谷の川沿いに20数軒の温泉宿が建ち並び、

そのほとんどに露天風呂があって、

宿泊者じゃなくても1カ所500円で入浴を楽しむことができるのです。

IMG_9117 (600x400) 
こちらが入湯手形。 1枚1200円。

これで3カ所の露天風呂に入れます。

1カ所400円とお得になりますから、あちこちのお風呂を巡りたい方は、

まずはこれを買わなくっちゃ!(1人につき1枚必要。)



入湯手形の裏側。

IMG_9411 (600x400) 
白いスペースには、温泉マークのシールが3枚貼ってありました。

1カ所訪れるごとに窓口で手形を見せ、スタンプを押してもらって、

シールを1枚渡すという仕組み。(購入日より6ヶ月間有効。)



IMG_9156 (393x600) 

ちなみに、私たちが到着した翌日には、こんなイベントが!

このちっちゃな手形で卓球か~。

何?勝ち上がるごとに景品が!優勝賞品もいいじゃん~。

(ダンナ様は、普通の人よりは卓球の腕はあると思うのだ。)

ああ、もう一泊できたら参加できるのに。すごく残念!!!



さて、話をお風呂に戻しまして。

まず訪れたのは、こちらのお宿。

温泉街の中心から離れたところにあるので、

歩いていこうと思うとかなり大変ですが、

ちゃんと送迎用(無料)の車が定期的に巡回しているので大丈夫~。  

IMG_9149 (600x400)
駐車場からの眺め。田んぼと畑と山が見えるのみ。

とても静かな場所です。

足に自信のある人以外は、やはり車での移動が無難でしょう。(^^;)
 


IMG_9152 (600x389)
お宿の正面玄関。なかなかしっとりとした趣ですね。

(立ち寄り湯だけじゃなく、お泊まりしてみたい。)

この中には入らずに、手前の道を右に曲がり、

木立の中をしばらく歩いていくと



IMG_9139 (600x388) 
見えてくるのがこちらの建物。露天風呂の受付となる茶房です。

貴重品やカメラなどは、ここのロッカーに預けておきましょう。

露天風呂の脱衣所は、すごくシンプルですよ~。



IMG_9123 (600x400)
おっと~!キミは看板猫ちゃんかな?



IMG_9124 (600x381)
何とも言えない貫禄と余裕が漂ってますね。




IMG_9137 (600x365)
まる~い白手袋に白足袋さん。写真撮影に嫌な顔もせず付き合ってくれてありがと~。

(ダンナ様も、辛抱強く待ってくれてありがと~。)



10年ほど前に職場の旅行で黒川温泉を訪れたことのあるダンナ様、

次に来ることがあれば、是非また入ってみたかったんじゃ~というこちらの露天風呂、

近づくにつれ、硫黄の匂いも漂い始め…

なるほど~、確かに凄いわ!

風にそよぐ緑の木立と、その中を勢いよく流れていく美しい渓流。

抜群のロケーションを目にしながら、ゆったり入れる大きな露天風呂。

自然の中の解放感!気持ちいい~~~。

なかなかないですよ、こんなところ。 (写真を撮れないのが本当に残念。)



お湯自体はすごく澄んでいて綺麗なのですが、

よれよれの細長いヒモ状になった湯の花が無数に浮かんでおり、

最初は、えっ…!?と思ったものの、慣れてしまえばどうということはなく。

それよりも、入浴前の掛け湯用のお湯があまりにも熱すぎて。(@@;)

もうね、あっちっち…というしかないのでした。 これが唯一の難点。

露天風呂も、最初のうちは結構熱く感じましたが、

うん、その熱さが気持ちいいのだ!



女性用には、もう1つ、半露天風呂といった感じのお風呂がありまして、

大きく開いた窓からは川の流れが十分堪能でき、こちらもものすごく癒やされる場所でした。

2つのお風呂を結ぶのは、「裸の散歩道」。

そんなに長くない距離ですが、タオル1枚だけ持って、

裸で木立の中の小道を進むのは結構スリリング!うひゃっ!

これも滅多に体験できることじゃないので、オススメです。(^^;)



今回、宿泊した旅館も併せて、全部で4軒のお風呂に入ったのですが、

ここが一番よかったな~。

帰りの車の時間を気にして、さささささ~っと出てしまったのが悔やまれる~。

もし、次にまた来る機会があれば、ぜひここのお宿に泊まって、

満天の星を見ながらゆっくりお湯につかってみたいものです。



(次回に続く~。)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。