FC2ブログ

時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

今日もどっぷり。/夏の黒川温泉 その3

Posted by まろん on   8 comments

朝の気温が久しぶりに25℃を下回り、あ、涼しい~と感じた9月の始まり。

今日は、日中もクーラー無しで過ごせるほどでした。

あ~、生き返るわ。

このまま一気に秋になってくれれば嬉しいのですが、

まぁそう簡単には行かないでしょうねぇ

お彼岸過ぎる頃になっても、きっとまだ暑い~暑い~と言ってると思います。(^^;)



前回に続き、箱猫まろ君。 

IMG_9558 (600x401) 
コメントで、yukiさんが「まろくん専用露天風呂?」って表現してくださったのですが、

まさにそんな感じですね~。(^^)



IMG_9580 (600x399) 
   ふふっ。いい湯だにゃん~



その後も、朝と言わず昼と言わず、毎日入り続けています。



IMG_9584 (600x398) 
あまりの気持ちよさに、ついうたた寝なんかもしちゃって。



IMG_9601 (400x600) 
   ぐぅうううう~。



溺れる心配はないので、どうぞごゆっくり。



IMG_9618 (600x378) 
   ふう~。もうそろそろいいかにゃ



IMG_9563 (600x400) 
   よいしょっと。



IMG_9634 (600x379) 
   クールダウンでし。



32℃を超える室温のときでも入ってじ~っとしてるんだから少々心配になりますが、

このジャストフィット?のサイズが妙に心地よいのでしょうかね。

当分の間、まろ君の箱風呂ブーム、続きそうです。(^^)







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



黒川温泉、今日もぼちぼちと。



1つめのお風呂の後、送迎用の車に乗って、再び温泉街の中心地に帰ってきました。

あと2箇所、どこ行こか~。

それぞれのお宿ごとに雰囲気や泉質の異なる露天風呂があるとのことで、

どこに行っても楽しめそうなのですが、

20軒以上あるので、温泉めぐりのパンフレットを見ても、何がなんだか。(^^;)

私は、な~んの予備知識も持ってなかったので、別にどこでもいいのですが、

ダンナ様の10年ほど前のおぼろな記憶を頼りに、

鍾乳洞のような洞窟風呂のあるところに行ってみることにしました。



IMG_9172 (387x600) 
それがこちらのお宿。

温泉街のほぼど真ん中。

現在の黒川温泉の賑わいの基礎となったお風呂のあるところだそうです。



IMG_9176 (600x380) 
橋を渡って、受付を済ませ、

左の方の建物の軒下をずっと川沿いに進んでいきます。



IMG_9159 (600x396) 
露天風呂の待合も、なかなか雰囲気がありますね。



この近くに、貴重品入れのロッカーがあったのですが、

最初それに全然気がつかず、荷物を持ったまま露天風呂の脱衣所へ。

(貴重品ロッカー、存在に気づかないほど周りに同化していた、

やや年代を感じさせる代物だったような…。)

脱衣所は、棚に籠が置いてあるだけなので、

え~~~っ!と思ったのですが、まぁそんなに人も多くないし、

だ、大丈夫だよね…。(^^;)



迷路のように入り組んだ形の洞窟風呂。

薄暗い照明に、湯気が立ちこめ、雰囲気あるある~。

もう何十年も前に、ここのお宿のご主人が、たった一人でノミと鎚で掘り上げたのだとか。

すごい~。黒川温泉に来たら、ここは絶対入るべきですね。

でも、やはり籠の中の荷物が気になって、ここもさっさと出てしまったのでありました。 (>_<)



このお風呂、出入り口がすごく簡素で、

うっかりすれば、外から見えちゃうのじゃ…?という感じ。(@@;)

そして、女性専用のお風呂の他は、もしかして、混浴…だったのかな???

(ダンナ様は何も言ってなかったケド。)



IMG_9165 (393x600) 

川の両側に温泉宿の建ち並ぶ黒川温泉。

川に架かる橋も情緒たっぷり。



IMG_9178 (400x600) 

お盆も過ぎて、人の賑わいも一段落というところでしょうか。

観光客、多すぎず少なすぎず。



人気が高くてなかなかお宿が取れないと聞く黒川温泉ですが、

うちは、出かける日の前日、予約を入れました。(^^;)

しかも夜の9時過ぎ。

じゃらん、お世話になりました~。(^^)




まだまだ(?)続く~。