FC2ブログ

時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全復元伊能図がやって来た!

Posted by まろん on   8 comments

市内の体育館に、伊能忠敬の完全復元日本地図がやってまいりました!
PA129645 (444x600) 
今日から3日間展示されるということで、早速覗いてみることに。



PA129617 (600x445)
なんというビッグサイズ!あまりにも大きすぎて、全体像がわからないほど。



PA129636 (600x443) 
二階から見下ろせば、な~るほど。

いや~、すごいもんですね!

国後や壱岐対馬、五島列島、屋久島など、行くだけでも大変だと思われる場所の地図もあり、

もう驚きの連続。

飛行機も人工衛星もコンピューターもカメラもない時代に、

ここまでのものを作り上げるなんて

測量の知識や技術力もさることながら、

17年間もの長い間、地道な作業の繰り返しで完成に至ったその体力・精神力に、

思わずふ~~~っとため息が出ます。

(しかも、本格的に測量に関わる仕事を始めたのが50歳で隠居して後のことと知り、

さらにため息。)

※ちょっと訂正。隠居したのが49歳。
翌年、江戸に出て、幕府天文方の高橋至時(31歳)の弟子となり、
そこから第二の人生が始まりました。(2012/10/13 17:03)

なんともスケールの大きな人物。ちょっと詳しく知りたくなるじゃありませんか!



靴下をはいていれば、展示の地図の上を歩いても大丈夫。

あ、写真撮影も問題なし。近づいて撮ってもOKです。
PA129620 (600x451) 
現在の広島市内及びその東側に位置する海田~矢野~坂あたり。

約200年前の地図に現在でもなじみのある地名が詳細に書き込まれていて、

興味が尽きません。

原本は残念ながら明治の初期に消失してしまったとか。

でも、復元されたものでも、なんだか恐れ多くて、文字の上とか歩くのが憚られますね



PA129619 (448x600) 
上が広島。海に浮かぶ島は、江田島・倉橋島。

周りの小さな島々もきっちりと入っています。



PA129619 (2) (447x600) 
平清盛が開いた音戸の瀬戸あたり。

現在の呉市の中心地があるところは、川が2~3本描き込まれているだけですね…。(^^;)



今日は時間があまり取れなくて、30分ほどでさささっと駆け足で全体を見て回り、

自分の住んでいる地域をちょっとゆっくり眺めただけですが、

明日か明後日、もう一度じっくり見てこようと思います。

(入場無料というのもうれしい!)



PA129651 (600x450)
で、こんなもん買って帰っちゃいました。

同じ大きさなのに、岡山方面の地図は1000円、呉付近のは500円だったかな。
※すみません、逆でした。(^^;) 記憶があやふやでお恥ずかし-。 (2012/10/13 16:47)
なぜ値段に違いがあるのかは不明。(残り枚数の関係か?)
            開催地近辺の地図だから(買う人が多いと見越して)高いのでしょうかね???



PA129653 (451x600) 
   ま~た無駄遣いしたにゃ~!

まぁまぁ。(^^;) だって、こんな機会でもないと手に入らないものなんだもん。



今朝、たまたまつけていたBSプレミアムで、「BS歴史館 伊能忠敬 “日本”を知らしめた男」

の再放送をやっていました。

すごくタイムリーな番組で、録画して後で見たのですが、

忠敬が日本全国を測量することになった経緯や当時の江戸幕府の思惑、

世界標準の優れた地図を「国」が持つことの意味、

そして諸外国との関係などなど、知的好奇心をかき立てられるすごくおもしろい内容でした。

(こういう良質な番組、BSだけでやるなんてもったいないなぁ。)



 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。