FC2ブログ

時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

黒猫さんの散歩道

Posted by まろん on   8 comments

前回記事の続きです。
IMG_1192 (600x400) 
消えてしまったお堂周辺の景色をあれこれ撮影していると



IMG_1193 (600x400)
先ほどの黒猫さんが目の前に。



IMG_1194 (600x400) 
どこに行くのかな?



IMG_1195 (600x400) 
ついて来いって?(^^;) マサカ…ネ。



IMG_1199 (400x600) 
でも、ついて行っちゃう。



IMG_1202 (400x600) 
イノシシ除けと思われる柵で仕切られた細道を、奥へ奥へ…。



IMG_1203 (400x600) 
いきなりジャンプ!フレームアウトしちゃった!



IMG_1208 (600x400) 
ん?今度はそこでお昼寝?



IMG_1214 (600x393) 
その場所も、なかなかいいかも



IMG_1215 (600x400) 
あ、やっぱり見られていると落ち着きませんかね?(^^;)



IMG_1227 (600x400) 
影と一体になって、なんだかアヤシイ生き物に見えるぞ



IMG_1229 (600x400)
来れるもんなら来てみろっ!て言ってる?



IMG_1232 (396x600) 
う~ん…、ちょっと無理っぽい。(^^;)



ガサゴソと草をかき分け、何処とも知れず姿を消した黒猫さんなのでした。



この間、約5分。束の間のお散歩同行記でしたが、

ちょっと遠い記憶を蘇らせてくれたような…。



小学校から高校にかけて、実家で飼っていた白い猫(くりちゃん)といっしょに、

よくこうやって裏山を散歩していたっけ。

小さな小さな山で、特に美しい場所というわけでもなかったけれど、

木立に囲まれた細い道が続いていて、雑木林や柿の木畑が広がっていて…。

好き勝手に歩く猫は、いつの間にか草や木の陰に隠れて姿を見失ってしまい、

でもまた、どこからともなくひょっこり現れて、つかず離れずの散歩道。

風の音や木々のざわめきにちょっとドキドキしながら、

四季折々の風景の中、猫と私以外誰もいない空間に身を置く密やかな楽しみ…。

何とも幸せな時間でした。



その後、進学や就職で家から離れてしまい、くりちゃんのことは、母に任せっきり。

最期はどうなったのやら、分からずじまい。

きっと、あの裏山でひっそりと一生を終えたのでは…と思っています。



IMG_1083 (600x397) 
   へ~~~、一緒にお散歩する猫しゃんでしか~。



まろ君も、たまにはどう?
IMG_1084 (600x396) 
   ボクはまっぴらごめんでし!


だよね~~~。(^^;)



にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ 

 
 
いつもありがとうございます。(*^_^*)