FC2ブログ

時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

突然の別れから1ヶ月

Posted by まろん on   0 comments

ちょうど1ヶ月前…

ブログで知り合った大切な友人を失ってしまいました。

急な病で倒れ、その翌日には息を引き取ってしまわれたとのこと。


あまりにも突然のことに、それが現実のこととは思われず、

しばらく茫然としてしまいました。


ご主人からお知らせをいただき、

慌ただしく準備をして北海道まで駆けつけ、

お通夜と葬儀に参列。

涙が後から後からあふれてくる中、

札幌在住の猫友さんたちとともにお見送りさせていただいたのを

昨日のことのように思い出しています。




別れの言葉も残さないまま、最愛のご主人と猫さんを残して、

こんなにも早く旅立ってしまったyaeさん


命には限りがあり、いつかは別れの時がくるのは仕方ないことと

頭では理解していても、

こんな形での別離は、きっと誰も(もちろんご本人も)想像さえしていなかったはず。

深い悲しみと戸惑いと喪失感を抱きながらの今日までの日々、

ご遺族の嘆きを思うと本当に言葉もありません…。



リュウくん 2014-10-28


yaeさんの愛猫リュウくん。

(2014年10月 yaeさんのご自宅にて。)



yaeさんと私とは、お互いブログを始めた時期もほぼ一緒で、

知り合ってから11年ほどになります。

住んでいる場所は遠く離れているけれど、

年齢も近く、ふたりともカメラであれこれ撮影するのが好きで、

飼っている猫も共にチンチラ1匹…などなどいろいろと共通点があり、

お互い何か不思議なご縁で結ばれているような心友として親交を深めていきました。


実際にお会いしたのは、2011年の夏と2014年の秋のわずか2回でしたが、

それぞれ数日間を北海道の各地で共に過ごし、

楽しい思い出をカメラにたくさん収めて、

笑いながら「またいつか会おうね。」と別れたのでした。


その後もメールやtwitter、Instagram、LINE を使いながら

近況報告をし合ったり、いろいろ悩みや愚痴を出し合ったり、

とりとめもないおしゃべりをしたり…。



お通夜の日、札幌駅から一歩外に出た瞬間、

以前そこで待ち合わせしたことが思い出され、

胸が締め付けられるような寂しさに襲われてしまいました。


北海道まで飛んできたのに、yaeさんはもうどこにもいない…。

電話をしてもメールを打っても、もう二度と返事が返ってくることはないんだ。


どんなに頑張っても、声も手も届かないところに行ってしまったのですね。



でも、yaeさんへ想いを届けずにはいられなくて…



そちらの世界はどうですか?

夏に旅立ったモモちゃんには、もう会えましたか?


私はこのままおばあちゃんになっていくけれど、

いつかそちらの世界で私のこと見つけてくれるかな?

楽しい話をたくさん持っていけるように元気に歩んでいくから、

どうかそれまで忘れずに待っててね。


では、また。