時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全復元伊能図がやって来た!

Posted by まろん on   8 comments

市内の体育館に、伊能忠敬の完全復元日本地図がやってまいりました!
PA129645 (444x600) 
今日から3日間展示されるということで、早速覗いてみることに。



PA129617 (600x445)
なんというビッグサイズ!あまりにも大きすぎて、全体像がわからないほど。



PA129636 (600x443) 
二階から見下ろせば、な~るほど。

いや~、すごいもんですね!

国後や壱岐対馬、五島列島、屋久島など、行くだけでも大変だと思われる場所の地図もあり、

もう驚きの連続。

飛行機も人工衛星もコンピューターもカメラもない時代に、

ここまでのものを作り上げるなんて

測量の知識や技術力もさることながら、

17年間もの長い間、地道な作業の繰り返しで完成に至ったその体力・精神力に、

思わずふ~~~っとため息が出ます。

(しかも、本格的に測量に関わる仕事を始めたのが50歳で隠居して後のことと知り、

さらにため息。)

※ちょっと訂正。隠居したのが49歳。
翌年、江戸に出て、幕府天文方の高橋至時(31歳)の弟子となり、
そこから第二の人生が始まりました。(2012/10/13 17:03)

なんともスケールの大きな人物。ちょっと詳しく知りたくなるじゃありませんか!



靴下をはいていれば、展示の地図の上を歩いても大丈夫。

あ、写真撮影も問題なし。近づいて撮ってもOKです。
PA129620 (600x451) 
現在の広島市内及びその東側に位置する海田~矢野~坂あたり。

約200年前の地図に現在でもなじみのある地名が詳細に書き込まれていて、

興味が尽きません。

原本は残念ながら明治の初期に消失してしまったとか。

でも、復元されたものでも、なんだか恐れ多くて、文字の上とか歩くのが憚られますね



PA129619 (448x600) 
上が広島。海に浮かぶ島は、江田島・倉橋島。

周りの小さな島々もきっちりと入っています。



PA129619 (2) (447x600) 
平清盛が開いた音戸の瀬戸あたり。

現在の呉市の中心地があるところは、川が2~3本描き込まれているだけですね…。(^^;)



今日は時間があまり取れなくて、30分ほどでさささっと駆け足で全体を見て回り、

自分の住んでいる地域をちょっとゆっくり眺めただけですが、

明日か明後日、もう一度じっくり見てこようと思います。

(入場無料というのもうれしい!)



PA129651 (600x450)
で、こんなもん買って帰っちゃいました。

同じ大きさなのに、岡山方面の地図は1000円、呉付近のは500円だったかな。
※すみません、逆でした。(^^;) 記憶があやふやでお恥ずかし-。 (2012/10/13 16:47)
なぜ値段に違いがあるのかは不明。(残り枚数の関係か?)
            開催地近辺の地図だから(買う人が多いと見越して)高いのでしょうかね???



PA129653 (451x600) 
   ま~た無駄遣いしたにゃ~!

まぁまぁ。(^^;) だって、こんな機会でもないと手に入らないものなんだもん。



今朝、たまたまつけていたBSプレミアムで、「BS歴史館 伊能忠敬 “日本”を知らしめた男」

の再放送をやっていました。

すごくタイムリーな番組で、録画して後で見たのですが、

忠敬が日本全国を測量することになった経緯や当時の江戸幕府の思惑、

世界標準の優れた地図を「国」が持つことの意味、

そして諸外国との関係などなど、知的好奇心をかき立てられるすごくおもしろい内容でした。

(こういう良質な番組、BSだけでやるなんてもったいないなぁ。)



 

Comment

のん福レオのお母さん says... ""
伊能忠敬、歴史の本の中では知っていましたが
まろんさんに少し聞いただけでもすごい人だったのですね。。
本当にその時代に僻地へも行き、良く正確な地図が
作れたものです。。
すごい人だったのですね~。。
2012.10.13 07:45 | URL | #W3zumXIw [edit]
ここちゃこ says... ""
ええー、直に乗って歩いていいのですね!
でも確かにちょっとはばかられるかも(笑)
全国巡回だから次々日本中を移動するのね。

前日スマホの機種変したんだけど
なんだかんだで2時間以上かかりましたよ。
もう説明が多くて長くて「さっとでいいです」と何度言ったか(笑)
まぁ、相手も仕事なので説明しなくちゃいけないのよね。
2012.10.13 16:24 | URL | #wVRCwILk [edit]
yuki says... ""
以前伝記を読んだことがあって…すごく大きな、個性的な人なんだな~と。
また、こういう大きなことは、人と時と、
さまざまな出会いや運が重なって成し遂げられる…という気がします。

わたしも昔ながら(笑)のケータイです^^;しかも壊れかけてる^^;;
あれこれつけることでタダになるけど、
それを解約しないと料金が発生するので、
きちんと説明する必要があるのでしょうね。

最近、目がかすむのですが…やっぱり老眼かしら><
2012.10.13 19:51 | URL | #vh/yKwqE [edit]
Rucion says... ""
ちゃんとニコライブルクがあるものね。
伊能さん、この時代に素晴らしい♪
これはぜひ自分の目で見てみたいですね。
体育館のようなところで展示するっていうのも、
おもいきり意味があります。

NHKも商売に走ってるから、
いい番組はBS集中ですよね。
地上波の番組の作りは民放化してるし。
2012.10.14 12:03 | URL | #C8yVuyDQ [edit]
yae says... ""
すごいね~3日間行ってきたんだもんね^^
伊能さんのことは、学校の授業とか何かのテレビで
見た程度で、全国歩いて精巧な地図を作り上げるのって
すごいな~って当時思いましたが、知れば知るほど面白いのか~
それほどまでに嵌まってしまう伊能さん、私も機会があれば
見てみたいですね~
伊能さんが日本の測量を始めたのも、元はと言えば
地球の大きさを知るために・・・?
そのために17年かけて・・っていうのは、並みの人間には
できないことですね^^;それも49歳からか~今の自分の年齢を
考えてもムリムリ~って思ってしまいます(笑

地図、開催地だと高いのか~っやるねっ^^;
2012.10.15 23:34 | URL | #EnqtKzKU [edit]
侍従長 says... ""
でっか!!
見応え十分ですね。
まろ様。
これは決して無駄遣いではありませんよ。
必要なものですよ。
でも、うちの部分。
真っ白...。
(そりゃそうだ、まだ入植してないもんなぁ)
2012.10.17 11:41 | URL | #qDfdtOiE [edit]
まろん says... "コメントありがとうございました。"
★のん福レオのお母さん

歴史の教科書では、ほんのちょっぴりの記述しか無い人のことも、
深く知ることができれば、とても面白いものだな~と改めて思いました。
本やテレビで知るだけだったら、「ふ~ん…」で終わってしまうような事柄も、
こうやって、本物(もちろんレプリカだけど。^^;)を実際に目にしたら、
全然感じ方が違いますよね。
貴重な経験をさせていただいたと、企画された方々に感謝しています。(*^_^*)


★ここちゃこさん

後で調べてみたら、原寸大の地図をプラスチックシートに
印刷してあるとのことでした。
床に置いて全体をつなげて展示するというのは、すごい発想ですよね。
1枚1枚をバラバラに眺めていたのでは、
絶対にこの感動は味わえないと思います。
当市は今年市制110周年とかで、その関連記念事業の1つでした。
(普通だったら入場料500円ぐらい取るところを無料でやるなんて、太っ腹~。)
お近くに巡回展やってくるといいですね。
これまでの巡回展の開催地はこちら。
 → http://www.chosashi.or.jp/event/60th/inou.html

2時間も話聞いてたら、「もうど~でもいいです」って気持ちになりますよね。
でも、説明責任というのがあるので、仕方ないのでしょうね…。(>_<)
自分には絶対にこんな仕事はできないな~と思ってしまいます。
(次々に出てくる商品内容、覚えられません~。)


★yukiさん

おおっ、伝記をお読みになっていましたか~。
私は、以前、井上ひさしさんの「四千万歩の男」を
途中まで読んで投げ出してしまいました。(^^;)
そうですよね…忠敬自身の志や能力、財力だけでなく、
人に恵まれ、時代が後押しすることで成就できた偉業ですよね。
それにしても、よくぞこの時代に生まれてきてくださった…
という思いがいたします。(^^)

そうそう、後で「聞いてないよ~、そんなこと。」って
クレームが出ないようにですよね。
説明する方も大変そう…。(^^;)

私、字を書いたり手芸をしたりするときは、老眼鏡のお世話になってます。
新聞は、文字が大きくなってくれたので大丈夫ですが、
昔の新聞なら、きっとアウトだなぁ。(T_T)


★Rucionさん

そうそう、北海道があることにも感動~!
伊能さんが実際に測量したのは、松前~別海の、
道南から道東にかけての部分で、
あとは弟子の間宮林蔵が測量したとのことらしいです。
北海道に関しては、師弟の合作なんだということも、
このたび初めて知りました。
いろいろドラマがあるんだな~。
はい、この地図は、広いフロアーにど~んと広げて
全体を見せてこそですね!(^^)

NHK、総合にしてもBSにしても、自局の番宣がやたらと鼻につくというか…。
受信料徴収しながら、あまりにもくだらないドラマとか作ってると、
「いい加減にしてよね~。」と文句の1つも言いたくなります。
あ、それと日曜の朝は、もうちょっとまともな落ち着く番組を作ってほしいのだ…。


★yaeさん

えへへ。3日間、せっせと通いました!
2日目と3日目には、忠敬研究会の名誉会長さんの特別講演もあり、
これがまた面白くて。(^^;)
(なんと!BSの番組でお見かけしたばかりの方だったのでビックリ!
そんなすごい方がいらっしゃってるとは夢にも思わず…。)

そうそう、一番最初の動機は、地球の大きさを測ることだったらしいですね。
緯度1度の距離を正確に出すために、長い距離を測る必要があり、
それじゃ、江戸から蝦夷地まで…ということになったらしいです。(@@;)
そのためにかかった費用は、現在のお金に換算して約二千万~三千万、
そのほとんどが自腹だったというからさらにビックリ!
出発したときは55歳だったそうですよ!
なんかもうスケールが違いますよね…。(^^;)


★侍従長さん

こうやって見ると、改めてニコライブルクのでっかさに驚嘆いたしますね~。
そのほとんどが真っ白というのも、何だかすごい~!(^^;)
あ、でも、この測量事業及び地図作成の目的は、
日本の海岸線を正確に測ることにあったみたいなので、
内陸部はなくても、まぁ仕方ないですかね。(^^;)
測量した地域については、アイヌ語の地名が
しっかり書き描き込まれていて、じっくり見るととてもおもしろいですよ♪
2012.10.21 16:58 | URL | #KujIxLC2 [edit]
まろん says... "コメントありがとうございました。(ちょこっと補足)"
★yaeさん

ちょこっと補足。(^^;)
二千万~三千万円かかったというのは、
江戸から蝦夷地までの第1次測量に関してです。
この後、第9次まで足かけ17年をかけて全国を測量する中で、
(伊豆七島測量の第9次は、高齢の忠敬は参加せず。)
個人事業から幕府公用事業となって費用の心配も無くなってきたみたいですが、
最初の頃は、持ち出し分もかなりあったようです。
BSの番組の中の解説では、忠敬はその前半生で事業を営み、
築いた資産は60億ほどになっていたのだとか。(@@;)
はぁああああ~。ため息の出るような話ですよね…。
2012.10.22 01:49 | URL | #KujIxLC2 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。