時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘い香りを閉じ込めて…。

Posted by まろん on   12 comments

IMG_0861 (600x398) 
10月21日。待ち焦がれていた庭の金木犀も、もうすぐ開花。



IMG_0880 (600x354) 
甘い香りもはっきりと漂い始めています。



IMG_0926 (400x600) 
10月22日。見頃を迎えました。



IMG_0939 (600x400) 
昨日10月23日。



IMG_0953 (600x400)
夜通し降った雨の後も、香り高く咲き誇っています。



IMG_1055 (600x400)  
そして今日10月24日。

香りは昨日までの方が強かったかも。



IMG_1043 (401x600) 
花の中に2つずつある雄しべの存在もはっきりとしてきました。

この状態で 何日もつかなぁ。

花の時期は短いので、週末にはもう散ってしまうでしょうね…。



毎年、花の姿を写真に収め、香りを楽しんだ後は散るにまかせていたのですが、

なんとかこの花を長く楽しめる方法はないかな…と探してみたら、

いいこと発見!( →こちらを参照。)



PA220020 (600x450)
枝を10本ほど切り取りまして…。 (10月22日)



おっと~、やっぱりお出ましです。(^^;)
PA220044 (450x600)
   すんすんクンクン…。



室内に持ち込まれた植物には、必ず興味を示すおネコ様。

花よりも葉っぱの方が好き。でも、これはさすがにまずそうです…。 (^^;)



PA220057 (600x450)
指でちまちまちまちまと摘み取った花。(いや~、根気のいる作業であった。)

重さを量ると25g。50gは欲しかったけれど、もういいや。

花をつぶさないようにと思って、最初ハサミで切っていたのですが、

結局は手で摘んだ方が早くてきれいにできます。(^^;)

ゴミを丁寧に取り除き、2回水を替えてよく洗い、ザルにあげて…

(以下、途中経過省略。)



できたのが、こちら!
IMG_0957 (600x395) 
金木犀のシロップ!



IMG_0959 (398x600)
撮影会やってると、必ず登場するおネコ様。

呼んだ覚えはないんですけど、

なんだか勝手にポーズを取っています。



IMG_1003 (386x600) 
花の色と香りが溶け込んだ黄金色のシロップ。

お湯を注いでホットドリンクにしたり、 お菓子作りに利用したり。

いろいろと楽しめそうです。(*^_^*)



昨日、欲を出して頑張ってさらに花75gを摘み取り、2回目のシロップ作りを行いました。

一日違えば花の状態も全然違うので、できあがりも微妙に異なるような…。

(火を止めるタイミングとかも関係あるかもしれません。)

でも、あの甘い香りをこれからもしばらく楽しめるなんて、最高です!



香りのピークは過ぎてしまったみたいだし、

自分で切り取れる範囲の枝は全部切ってしまったので、

次に作るのは一年後ですね。(^^;)



IMG_1027 (600x402) 
ついでに花のアップ。

なんだか粘土細工のようにも見えますね。



 



金木犀と言えば、中国の桂林が有名ですよね。

若い頃から、死ぬまでに一度は行ってみたいな~なんて思っていましたが、

彼の国、なんだか遠くなっちゃったみたいで…。(>_<)

Comment

しまねこ says... ""
おお~、やっぱりシロップを作られたのですね!
(ツイッターで金木犀を摘んだおさしんを拝見して
 何を作られるのだろう??とググって想像してました)
白ワインでホットワインを作る時に入れたりしたら美味しそう!
↑やっぱりお酒(^_^;)…

まろんさんの記事を読んで、我が家の庭は?と見てみたのですが
まだツボミすら…今年はひょっとして咲かない??
庭の放置プレイが過ぎるせいでしょうか(^^ゞ

まろ君、だいぶ冬毛になりましたね~
フッサフサ王子の復活☆
2012.10.24 13:33 | URL | #SMhuFLDY [edit]
yae says... ""
わぁ~すごい~金木犀、キラキラに光ってるね^^
旬のお花はやっぱり綺麗だな~
金木犀、食べられるのですね!ほぇ~
瓶詰めされた金木犀がまた綺麗♪
↑なるほどね~ホットワインも美味しそう^^
ヨーグルトに混ぜ混ぜしても美味しそう^^
誰が考えたか知らないけど、すごいですね~金木犀って♪
それとリンク先みましたが、栗の渋皮うんぬん言ってる自分が
恥ずかしくなりました、てへへ(^^ゞ
2012.10.24 14:43 | URL | #EnqtKzKU [edit]
のん福レオのお母さん says... ""
陽に透けて綺麗な金木犀です☆
金木犀の花でシロップを作ったのですね♪
う~ん、さすがはまろんさんです^o^
きっとほのかに甘い香りがするのでしょうね。。
まろ君もこの匂いは好きなのかな?

彼の国、何だか遠くなりましたね。。
私も桂林へは行ってみたいと思っていました~。。
(私の場合、思うだけでいけないでしょうが~^^;)
2012.10.24 20:05 | URL | #W3zumXIw [edit]
あんじゅ says... ""
あぁ、残念!
我が家の金木犀
完全に終了してます(^^ゞ
いいなぁ~
これでケーキ焼きたいね。
来年忘れないようにしなくちゃ^^
2012.10.25 00:23 | URL | #YInHV9pY [edit]
Rucion says... ""
こちらでは金木犀(も銀木犀も)見られないので、
ちょっとあこがれの木花です。
摘んでそのようなモノも作れてしまうのですね。

30年くらい昔の漫画ですが、絵がキレイで好きだった作家さんの
「星の時計のリデル」という話のキーが金木犀の香りでした。
当時中学生だったと思うのですが、
肝腎のキーの部分がよくわからず、くやしい思いをしたものです。
2012.10.25 23:50 | URL | #C8yVuyDQ [edit]
ほんなあほな says... ""
へぇぇ~金木犀って食べれるんですか?!
お酒につけて、金木犀酒も、イケそうな気がw
2012.10.26 08:19 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.26 21:32 | | # [edit]
まろん says... "コメントありがとうございました。"
★しまねこさん

ホットワインに入れるのって、おいしそー。
お酒が飲めるのだったら、これはぜひ試してみたいですね。
というか、その前に、シロップじゃなくてお酒に漬け込んじゃうな。(^^;)

金木犀の花は、大気汚染に弱いというのを聞いたことがありますが、
花が全然咲かないというのは、ちょっと心配ですよね。
夏の暑さで木が弱っちゃったのかな?
放置プレイは、うちもいっしょですよ~。
水やりしかしてないもん。(^^;)


★yaeさん

最初は、紅茶をいれるときに花を浮かべて香りを楽しめたら…
と考えていたのですが、いいレシピに出会えたので、
即座にそちらの方に乗り換えました。(^^)
シロップ、ヨーグルトに入れるのも、いいですね~。
あ、栗の渋皮を取る作業の方がめんどくさいと思います。
筋子→イクラもそうだったけれど、
おいしいものを作ろうと思うと、いろいろ大変ですよね。(^^;)


★のん福レオのお母さん

金木犀の花を長く楽しむのに、こんないい方法があったとは!
もっと早く知ることが出来ていたら…とちょっと残念ですが、
これからは、毎年作っちゃうかも…です。(^^)
できあがりはさらっとした感じのシロップですが、
あまり長く火でぐつぐつ煮てしまうと、
きっと色も香りも台無しになってしまうのでしょうね。

まろは、植物(花ではなく葉っぱ)が大好きで、
家の中に持ち込むものには、大抵興味津々で近づいてきます。
(毒になるものは要注意!)
でも、食べられないと分かると、な~んだって顔をしながら、
さっさとよそへ行ってしまいます。
柔らかくておいしい葉っぱじゃないとダメみたい。(^^;)


★あんじゅさん

金木犀の花の時期は、あっと言う間に終わってしまいますものね~。
もっと早くに情報提供できればよかったですね。残念!
来年、是非チャレンジしてください!(^^)


★Rucionさん

銀木犀も見られませんか…。あ、柊木犀はどうかな~?
香りはちょっと違うけれど、やはりいい匂いがしますよ。
金木犀よりも好きかも。
でも、こちらでもあまり見かけないのですよね…。

ほほ~、そのような漫画が!ちょっとググってみましたが、
作者の名に、かすかに覚えがあるような…。
読んでみたいけれど、ちょっと入手するのが難しそうですね。(^^;)
香りとか味とか、知っているものであれば
「ああ~、あれね…。」ですますことができますが、
未体験のものに関しては、どんなに言葉や絵で説明されても、
本当のところは分かりませんよね。何とももどかしい~!(>_<)
私は、「時をかける少女」のラベンダーの香りが、
大人になるまでずっとわからないままでした。
(一昔?前の岡山の田舎には、そんな洒落た花は咲いてなかったのだ~。)


★ほんなあほなさん

食べられるものなら、花でもなんでも食べちゃえ~。(^^;)
そうそう、いける口なら、絶対に金木犀のお酒ですね!
実際、「桂花陳酒」という名で売られていますよ~。
(金木犀の花を白ワインに漬け込んだものだそうです。)
2012.10.28 23:25 | URL | #KujIxLC2 [edit]
侍従長 says... ""
まろん様。
その根気のいる手仕事天晴れなり。
金木犀のシロップと一緒に写っているまろ様。
なかなかいいなぁ。
(表情も^^)
2012.10.29 08:18 | URL | #qDfdtOiE [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.29 16:15 | | # [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.30 21:07 | | # [edit]
まろん says... "★侍従長さん"
いやいや、侍従長殿の従事されている過酷な農作業に比べたら、
遊んでいるようなものですから。(^^;)

すましているのか何なのか、ちょいと上から目線のまろです。
いつもに比べたら、少~しオトニャ顔かもね。(^^)
2012.10.30 21:22 | URL | #KujIxLC2 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。