時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日に備えて…。

Posted by まろん on   13 comments

← コメント欄をチェックするときは、日付の下の CM をクリックしてね。
  
  
  
20110429-01.jpg 
            ぺ~ろぺろぺろ。おいしいにゃん~。

 

20110429-02.jpg 
            お母しゃんも、舐めてみたいんでしか?
 
 
いえいえ、遠慮させていただきますわ。



20110429-03.jpg 
今日は、久しぶりの下半身シャワー。

タオルドライもドライヤーも大嫌いだから、

時間がたっても、なかなか乾かなくって。

生乾きの部分を中心に、せっせと毛繕い中のまろ君です。


 
シャワーで洗ったのは、お腹がゆるゆる…だったワケじゃなくて、

明日に備えて、ちょっと身綺麗にしておいてあげようかな~という親心(?)から。

 

20110429-04.jpg 
          え?明日、何かあるんでしか?
 
 
ふふふふふふ。

キミには、まだ内緒~。
   
 
 
明日は、年に1回の予防注射の日です。

全然楽しくな~いイベントで、ごめんね。



昨日、電話で予約を入れたら、

「あ~、あの大変なネコちゃんですよね?

暴れないように、洗濯ネットの中に入れてきてくださいね~。

注射だけでいいんですよね?

本当は、体温計ったりするんだけど、無理ですよね?」

…と、散々な言われようでした。 ( ̄ー ̄;


 
きっとカルテには、「凶暴きわまりない」とかなんとか書かれてるんだろうな~。

うちではいい子なんですけどね~。 (←モンスターペアレントの言い分みたいだ。)

あ、今日、シャワーのときに、2回ほど「フー!!」が出ましたが、

まぁ、そんなのは、別に大したことないですから~。



いや、本当は、かなりドキドキしてるんですよ。

どうか無事に(早く)終わりますように…。
 
     
     
   

  
  
 
できることを少しずつでも ~東日本大震災に関する支援~
 
● 緊急災害時動物救援本部
 
                
    
被災動物に対する救援・支援のお手伝いを。
 
● 
danchu 産地応援・お買い得やさいセット 
 
        
    ただ今、5/2~7発送分受付中!なかなか好評のようです。

    
出荷停止になってないのに、廃棄の道をたどる被災地域の野菜たち…。(T_T)
    風評被害ともいえる影響で商品は行き場を失い、農家の方々は苦しい立場に立たされています。
    産地を応援したいと思われる方は、↑クリックして詳しい説明を読んで見てくださいね!

    一般スーパー等での買い控えにより、市場に余り気味となった商品を、お値打ち価格で!
    全国各地の野菜もいろいろ取り混ぜて10品目以上!何が届くかお楽しみ~。 

● たすきプロジェクト 

   
    いったん支援物資の募集は中止となっていましたが、また新たな企画が立ち上がっています。

    「母の日プレゼント」募集中 締め切り 
5月7日(午前中必着)

    「たすきバック」再募集



 

ときどきお邪魔して、楽しませていただいている「しろいねこ」。

有名なブログなので、もう読まれた方も多数いらっしゃると思いますが、

先日の記事の中に、福島県のある方からのお手紙が紹介されていました。



テレビに映し出されるやせ衰えた牛たちや、

すでに息絶えている数多くの家畜たちの映像…。

あまりにも無惨で理不尽なその姿を思い浮かべながら、

涙なくして読むことはできませんでした。



そして、福島県民に対するいわれなき差別の実態。

あのヒロシマ・ナガサキから、

私達日本人は、いったい何を学んだのでしょう。

もうすっかり過去のこととして、忘れ去ってしまっているのでしょうか。

あのときの被爆者の悔しさ・怒り・涙は、どこに行ってしまったのでしょうか。

(田中好子さん主演の映画「黒い雨」を観てみてください。

井伏鱒二の原作本も是非。)

過去の教訓に学ばない人間の愚かさ、身勝手さを前に、

「がんばろう日本」「私達はひとつ」といったスローガンが、

なんだかとっても虚しく響いてきます…。

Comment

侍従長 says... "No title"
まろ様。
予防注射ですか。
どうか、どうか穏便に済ますことができますことを。
...ムリか(笑)。

人はね、特にこの国の人達は特に当事者でなければのど元を過ぎるとなんとやらになっちゃうのが悪い民俗性なんですよね。
豊かになると人は奢ると言いますし。
なぁんか被災地の家畜や動物達...他に方法はないものか...。。
2011.04.30 08:53 | URL | #qDfdtOiE [edit]
ぶりお。 says... "No title"
まろ君・・・
病院の先生からすごい言われようですねi-278
要注意猫さんとか、このオトコ凶暴につきとか
カルテに書かれちゃってるんですかね?ww

明日、予防接種頑張ってねー!!!
2011.04.30 09:37 | URL | #yl2HcnkM [edit]
のん福レオのお母さん says... "No title"
まぁ、ひどい言われようですね(笑)
前回、よっぽどだったのかな~^^;
今回は無事に終わりますように・・。。
まろ君、頑張ってね~☆
2011.04.30 15:14 | URL | #W3zumXIw [edit]
Rucion says... "No title"
な、なんとまろさん、その言われようは...!
うちのニコライくんの病院での行状の方が、まろくんの上を行ってると
思いますけど。えっへん!(っていうことでもないですね (^_^;))
ニコぼんずは今日、歯肉出血を見せに病院に行きましたが、
フーシャーフーシャー、やってきましたよ(笑)
獣医さんたら、そんなにいいこちゃんばかりが来るのかなあ?

何だか無学な人たちが多すぎると思います。
感情だけで行動するんですよね、きっと。
ツイッターで知性的に論理的に放射線や原発について説明している方が、
「多くの人は反原発ではなく、嫌原発だから、論理や知性では立ち向かえない」と
嘆いていらっしゃいました。そしてそういう発言にも、噛みつきがひどいのですって。
子どもが「放射能が感染する」というのは、親の無知が原因です!
身を守るためには学習が必要。世の中には情報があふれているから、正しい情報を
選び取る訓練も必要。それが現代だと思うんです。
ネット上で「平等に福島産のものすべてを差別する」と公言しているコメントまで
目にしました。
...止まらなくなるので、このへんでやめます。

それにしても、政府の対応ももう少し何とかならないんでしょうか。
保身している場合ではないと思うんですが...


2011.04.30 18:11 | URL | #C8yVuyDQ [edit]
いくぱん says... "No title"
まろくん、お見合いにでも行くのかと思ったら
病院かぁー(;´▽`)
いまごろ行ってるのかなぁ
それにしても年1回しかいかないのに
よーく覚えられてるねぇ
ナンバー1なのかもね?キレ具合が・・・(汗
って、私もずいぶんと失礼なこと言ってるわー、
まろくんごめんよぉー
2011.05.01 09:42 | URL | #d3xRQPUk [edit]
ここちゃこ says... "No title"
ぎゃはは、病院側からそんな風に言われちゃうの(笑)
きっとブラックリストに入っているんですね。
もう無事にワクチン終わったかな。
何か事件が起こっていないといいけど(笑)

20キロ圏内関連の記事はツラい記事も多いので
怖くてあまり見ないようにしているのが現実です。
が、家畜にしろペットにしろ、置き去りにしたなんていう発想は
一度も起こったことがありませんよ。
みんな、とりあえず一時待避という思いで動いた結果の拘束、
逆にもし自分だったらと思うと置いてきてしまった子たちの事を考えて
さぞ自分を責めて苦しんでおられるだろうと心が苦しくなります。
2011.05.01 12:19 | URL | #wVRCwILk [edit]
花あじさい says... "No title"
まろ君 以前 病院でどんだけ暴れたの(笑)
えらい 言われようですね~~~^^;

は~無事に早く済みますように・・・祈っておきますね(^-^)
まろんさんも ドキドキですよね・・・。

「黒い雨」見に行きました。原作ももちろん・・・。
大竹しのぶさん主演の「この子を残して」も・・・(長崎の原爆投下のお話 医師永井博士のことなど・・・)も・・・ 母が子供のころ 連れていってくれましたが・・・。

確かに 被爆者に対するいわれのない差別 あるようですね。。。なんと無知な と思いますけど。

福島県は農業も酪農も素晴らしいところ 原発の問題が すごく悔しいです。」
避難されてる方々も、まさかこんなことになるとは と言う感じでしょう。
着の身着のまま・・・家や思い出や財産や・・・生活そのものを奪われたも同然です。
なんで そんな目に合わなくてはならないのかと 思います。

完全に人災な 今回の原発事故・・・。
家畜や動物たち なんとか なんとか 良い方向に向かって欲しいですけど・・・。
2011.05.01 17:07 | URL | #- [edit]
ヴィオラ says... "No title"
あらあら、散々な言われようですね(;^ω^)
病院嫌いはうちの猫もです
身だしなみを整えたまろ君
洗濯ネットに入れられた時に病院だと気づくのかな^^;
予防接種無事に済んでますように!

2011.05.02 23:13 | URL | #ies1LsUc [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.05.03 21:11 | | # [edit]
まろん says... "コメントをありがとうございました。"
相変わらず、ゆっくりペースのお返事でごめんなさいね~。(^^;)
あれこれ考えていたら、ちょっと長くなってしまいました。
お時間ありましたら、読んでいってくださいね。


まろがお世話になっているこちらの動物病院は、
HPで積極的に診療に関する情報等を公開しているし、
獣医さん(院長先生)もすごく熱心な方で、
市内の病院の中でもかなり信頼できそうなところです。
そして、何よりありがたいのは、
ペットホテルが併設されているという点。
いざというときに、頼りになります。(*^_^*)
嫌がられようがどうしようが(?!)、
まだしばらくはお世話になるつもりですよ~。

まろに関しては、2年前の診察の時に、
バリカンでごっそり毛玉を取ってもらった時の印象が、
飼い主・スタッフ共にすごく強烈…!(>_<)
きっと、このときの大変な状況が、
カルテにあれこれ書かれていたのでしょうね~。(^^;)
去年は、女医さんだったこともあり、
予防注射だけで、ささ~っとすませてしまったような記憶が…。
で、今年もその流れかな…?と想像していたのですが、
予約受け付けのときの感触とは全然違ってて、
ちゃんとした対応をしていただきました。
よかったよかった~。(^^)
2011.05.08 01:39 | URL | #KujIxLC2 [edit]
まろん says... "コメントをありがとうございました。"
ヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々は、
原爆の直接の被害で言語に絶する苦しみや悲しみを
体験したのみならず、
戦後も、あからさまな差別や偏見に長く苦しんだという話を
よく聞きます。
広島県に住んでいると、そういう話や逸話、体験記等は、
おそらく他県の方々よりもはるかに多く、
日常的に触れる機会があるのではないかと思います。
(テレビや新聞の地方版で、毎年のように、
いろんな特集番組や記事が作られてますしね。)

私は、縁あって、隣の岡山県からこちらにやって来た人間ですが、
大人になってから、ヒロシマや原爆に関することを
たくさん学ぶ機会に恵まれました。
(仕事の内容も、そういう問題を抜きにはできない一面がありました。
今は、ちょっと状況が違ってきているみたいですが…。)
その中で、無知からくる偏見や差別ほど、
人を苦しませるものはない…ということも知りました。

60数年も前の、詳しい情報も何もない、あの混乱期の中で、
いろんなデマや憶測、我が身可愛さ故の思いから、
傷ついている人をさらに苦しみの縁に追いやってしまった人々…。
その姿が、現在の福島原発を巡る人々の上に重なってきてしまうのは、
大変悲しいことです。
これだけ多くの情報が飛び交う現代社会にあって、被災地の周囲の、
決して情報難民ではない人間が、福島から避難してきた人々を差別し、
いじめるという記事を目にしたときには、本当に驚きました。
正しく適切な情報を国民にきちんと公開していないと思われる
政府や東電にも、もちろん不信感や怒りが募りますし、
そうした事態を招いている責任の一端は負うべきだと考えますが、
私達一人ひとりにも、多くの情報をどう受け止め、どう行動するかが、
すごく問われていると思います。

>身を守るためには学習が必要。世の中には情報があふれているから、
正しい情報を 選び取る訓練も必要。それが現代だと思うんです。
まさにRucionさんのおっしゃる通りですね。
2011.05.08 01:40 | URL | #KujIxLC2 [edit]
まろん says... "コメントをありがとうございました。"
先日、法事で実家(空き家だけど)のある故郷に帰ったとき、
柔らかな新緑に包まれた田舎の風景に、
短時間ながら心がゆっくり癒される思いがいたしました。
しかし、同時に、全てのものが瑞々しく命あふれるこの季節に、
手塩にかけて育ててきた美しい田や畑、果樹園、家畜たち、
そうした全てのものを置いて去らねばならない人々の心情を思い、
もし自分が同じ立場に立たされたなら…と
想像することさえ、苦しく切なく…。
大地に根を張り、命を育む大切な仕事をなさっている方々から、
土地や緑や生き物が取り上げられてしまうなんて、
こんな残酷なことはありません。
もちろん、農業や酪農以外で生計を立てていらっしゃる方についても、
この先、どうやって生きていったらいいのか、
途方に暮れる思いでいらっしゃるのは想像に難くないことです。
(我が家の家業も、ここに生きていればこそのものですから。)

中途半端な田舎の私の故郷などとは比べものにならないほど、
福島の自然は豊かで美しく、また実り多いものだと思います。
飯舘村、川内村、浪江町、南相馬市、いわき市…。
これまでほとんどなじみのなかった多くの地名が、
他の津波被害に遭った多くの市町村名と同じように、
私の頭の中には、しっかり記憶されてしまいました。
この地域に、この先どんな未来が待ち受けているのか、
まだまだ誰にもわからない、見えてこない状況の中、
決して軽々しいことは言えませんが、
それでも、避難を余儀なくされた方々の生活が
一日も早く落ち着かれますように、
そして、美しいふるさとに戻れる日が
一日も早く訪れますように、
事態をしっかり見守りつつ、祈り続けようと思います。
2011.05.08 01:42 | URL | #KujIxLC2 [edit]
まろん says... "コメントをありがとうございました。"
ここちゃこさん、鍵コメさん。
20キロ圏内の家畜やペットに関する思い、まったく同感…。
家族同然の動物たちとの別れを余儀なくされた方々の胸の内を思うと、
本当に苦しくなりますね…。
そして、政府の対応のまずさが、悲しみを拡大させていることに、
やりきれなさを感じます。
2011.05.08 08:14 | URL | #KujIxLC2 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。