時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その顔は、もしかして…!?

Posted by まろん on   4 comments

IMG_6560 (600x390)
先週末から数日かけて、家の中の蔵書を大整理!

隣町に、マジメな本もきちんと取り扱ってくださる良心的な古書店があることを知り、

亡き義父の趣味の本やら、私の死蔵本やらを、この際ばば~んと売っちゃうことに!



義父の本、何冊かはありがたく使わせていただいております。

昨年末から急に雲のように湧き出した私の趣味?みたいなものと一部かぶるところがあり、

あ~、ありがとう、お義父さん!こんな本も持ってらっしゃったのね~!

と感謝しております。(*^_^*)



義父を前にすると、何をしゃべっていいんだか

子ども(孫)を話題にすれば何とか間が持てたけど、

会話が弾んだという覚えはほとんどない、至らない嫁でした。(^^;)

今も存命中であれば、趣味を介していろいろ聞いたり話したりできたかも…と思うと、

ちょっと残念…。



IMG_6586 (400x600)
   ふんふんふん…。



何の本かすぐにわかるように、机の上にずら~っと並べておいたところ、

日夜、その隙間をのし歩いてはチェックを怠らないまろ君。
 


IMG_6588 (394x600) 
ん!?どしたの、その顔…!?



IMG_6590 (397x600) 
あらら~、これって、もしかして… 


 
IMG_6592 (397x600) 
フレーメン!?



うわ~っ!出た~!久しぶりだわ~! (´▽`*)



しかし、一体何に反応したのやら???

ニオイを嗅いでいたのは、本じゃなくって机の上だよね?

まさか、自分の足跡のニオイ…とか
?( ̄∇ ̄)



 



先週の土曜日、東広島市にシャクナゲの花を見に行って写真いっぱい撮ってきたんだけど、

記事にするには時間が足りない~~~。(@@;)

明日は来客の予定があるので、今からまだバタバタとあんなことやこんなこと

しなくっちゃいけないし…。(>_<)

皆様のところにもなかなかお邪魔できないかも…です。ごめんなさいね。

Comment

yae says... ""
蔵署の整理頑張ってますね^^
パッと見、難しそうな本がたくさんありそうな^^;
高く売れたかな?
本の査定をきちんとしてくれる古書店がみつかって
よかったですね^^いくら処分といってもどんなもので
1冊一律いくら・・の買い取りだとさみしいものがあるもの。

フレーメン顔のまろくん、凛々しい顔でチェックしますね(笑
2013.06.02 22:29 | URL | #EnqtKzKU [edit]
ほんなあほな says... ""
まろくん、それは、まごう事無く、フレーメンだわww
何か、香ばしいかほりでも、したのかしら?w
本の基地の間を悠然と歩いて、カッコイイぞ~
ちゃんと踏まずに歩いてるし^^v

本は、捨てれない。売るのも勇気が。
でも、ちゃんと、次の持ち主に引き渡してくれそうな古本屋さんは、頼りになりますね^^v
2013.06.03 10:55 | URL | #- [edit]
侍従長 says... ""
おぉ!!
写真でちょい見ですがすごい蔵書の数。
そういえば、給仕係の亡き父の蔵書も整理しなければならないんだった。
まろ様。
フレーメンは時と場所を選びましょうね(笑)。
そうですか。
お義父様の前では会話が続きませなんだか...。
私は給仕係の父と顔を合わせればいつも酒盛りしてましたわ(笑)。
(嗚呼、生粋の呑んだくれ^^;)
2013.06.03 20:37 | URL | #qDfdtOiE [edit]
まろん says... "コメントありがとうございました。"
★yaeさん

難しい本はそんなにないけれど、結構分厚い本が多かったです。(^^;)
(その分、場所を取るんですよね~。)
全集ものだけど、全部揃ってないとかいうものもあり、
普通の古本屋さんだったら嫌がられそうなものも…。
でも、その古書店さんの得意とする分野と、
今回うちが出した本とがちゃんとマッチしていたので、
手放した本たちも、また次に幸せな出会いが待ってるんじゃないかと
思っています。(*^_^*)


★ほんなあほなさん

なぜ、そこで???というフレーメンの出現!
カメラを構えていてよかった~と思える瞬間でした。(*^_^*)

本はなかなか捨てられないですよね…。
読んだら読んだで思い入れがあるし、
読んでなきゃ、そのうち読むんだから~って。(^^;)
でも、収納場所にも限りがあるし、
時にはこうやって整理してみることもいいかも。
本棚の奥や押し入れの中から出てきた本たち、
あ~、これまだあったんだ~と思いがけない再会もあって
楽しかったですよ。(^_^)v

中味は二の次で、とにかく今売れてる本しか相手にしないような
古本屋ではなく、しっかり本の価値を分かってくださる
古書店さんの存在、本当に有り難いですよね。
地方にもこういう貴重なお店がちゃんと存在することに、
なんとも言えない喜びを感じます。(*^_^*)
これからもずっと頑張ってほしいなぁ。
(店主は30代くらいの若い人なんですよ。)


★侍従長さん

今回整理したのはざっと230~240冊ぐらいかな?
分厚い辞典の類や全集もの(中途半端で全巻揃ってなかったりする)が
あるので、多量にあるように見えます。(^^;) 文庫や新書も何十冊か。
でも、整理したと思っても、まだまだあるんですよね~、これが。(>_<)
書店に行ったら大人買いしたい衝動に駆られるので、
当分近寄らないようにしなければ…。

蔵書の整理は体力勝負の部分もありますよね。頑張ってくださいね~。(^^)

そう言えば、ダンナは私の実家の父と
昔よく呑んでましたね。(^^)←ダンナ禁酒前の話。
自分の父親よりも話しやすくて心が和むと言ってました。
亡き義父、相当なカタブツだったような…ゲフンゲフン。
2013.06.03 23:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。