時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねぇねぇからのプレゼント…なんだけど/夜明けの月

Posted by まろん on   0 comments

IMG_6332 (600x400)

すやすやとお昼寝中のまろ君。


IMG_6327 (600x400)

おやすみになっているのは、三段重ねの客用座布団の上!(@@;)

(ホコリよけに布を掛けております…。)

その手前に、と~っても寝心地の良さそうな場所があるのに、見向きもせず。


IMG_6333 (600x400)

   ふん、そんにゃフリフリヒラヒラしたものがついているようなベッドにゃんか、

   小っ恥ずかしくって入ってらんにゃいにゃ~。

  

おやおや~、そーなんですか?(^^;)

IMG_1373 (600x401)

これは、なーちゃんが使っていたクーハン(ベビーキャリー)。こちらの記事に登場。

引っ越し先のお家では、あまり使う予定がなさそうなので、

「まろちゃんが使うんだったら、どうぞ~と娘が置いていったもの。

(引っ越しの荷物に入れるにしても、すごく嵩張るしね…。)


 IMG_1377 (600x391)

隙を見て入り込み、ふんふん匂いを嗅いだり、


IMG_1378 (600x400)

楽しそうに寝心地を確かめてみたりしていたのは、誰ですかね~?

(クーハン使用の3枚は5月8日に撮影。)




まろ君へのプレゼントとしてありがたく頂戴し、

お猫様用として改めて部屋に置いてみているのですが、

ほとんど興味を示すこと無く今日に至っています。

誰に遠慮することもなく堂々と使えるというのに、もったいないなぁ。


形はいいんだけど、自分用のベッドにするなら、

やはりみっちりギュウギュウタイプでないとダメなのかも?

(この夏に新調してあげたクールベッドは、見事にハズレだった…。泣)

それとも匂い?(お父しゃんのお布団の上に好んで寝るくらいだから、関係ないか~。)

好奇心をくすぐるライバル(=なーちゃん)の存在が見当たらないことも、

密かに影響しているのかも…なんて深読みしてみたりもしますが、

要は、よりクッション性の高い、見晴らしのよい場所を選んでいるだけなのかもしれませんね。(^^;)


にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ 




中秋の名月の翌日(9月28日)は、スーパームーンでしたね。

メディアで盛んに取り上げられていましたが、皆様も夜空を見上げてご覧になりましたか?

こちらの地方では、昼間は申し分のない青空が広がっていたのですが、

日没が近づく頃には雲が広がり始め、綺麗な月の出は見ることができませんでした。

その後も、夜空を次から次へと鰯雲が渡っていき、

雲の切れ間から時折覗かせる美しい姿を拝むのがやっと



ということで、その数時間後。

IMG_6139 (600x395)

月の入りの頃のスーパームーンを見るために、

29日の朝、早起きして出かけてきました!(^^;)



まだ夜の暗さの残る中、自転車を漕いで、いつもの撮影スポットに。

5時45分、現地到着。

月の入りの時刻まではあと1時間ほどです。


IMG_6165 (400x600)

澄み切った夜明け前の空に、まだ煌々と輝き続けるお月様。

欲を言えば、月のもっと近くに、何か大きさの対象になるものが

見えるといいのですが、なかなか難しいですね。


IMG_6155 (600x399)

スーパームーンと言っても、見頃の時間からは随分外れているので、

見た目の大きさも、もうこの頃には普通の月とほとんど変わらないかも???


今回月が最も地球に近づいた時間は、28日の午前10時46分だったとか。

(その頃はまだ地球の反対側…ですね。)



IMG_6174 (600x397)

あと数分で6時。東の空が夜明けの色に染まり始めました。


IMG_6180 (600x411)

月の色も白銀から薄い金色へと変わり始め


IMG_6184 (393x600)

穏やかな波の上に淡い光を降り注ぎながら、静かに西の空へと傾いていきます。


IMG_6197 (600x392)

6時を少し廻った頃。まだ眠っているような海にエンジン音を鳴り響かせて到着したのは、

呉⇔江田島を結ぶ高速艇。今朝の第1便ですね。

船が出港した後は、また静寂が戻って来ました。


IMG_6228 (600x392)

光を増していく空の色とは反対に、時とともに輝きが失われていく夜明けの月。


IMG_6263 (600x394)

儚く優しくそっと浮かんでいる姿は、空の中にそのまま溶け込んでしまいそう。


IMG_6268 (600x400)

月の出は、あんなに華やかで神々しいのに、月の入りは本当にひっそり。

一晩かけてぐるっと空を巡り終え、

最後は誰にも気づかれないようにして舞台から去ってしまうのですね…。


IMG_6273 (600x399)

日の出数分前の西の空。

余程目を凝らさないと、もう月の姿をとらえることはできません。


IMG_6284 (600x400)

朝の光が差し込んで、景色が一気に明るくなりました。

(東側はずっと山が続いているので、朝日が顔をしたのは6時38分と、暦よりもちょっと遅め。)

「月は東に 日は西に」の真反対の光景ですね。


IMG_6307 (600x393)

江田島からフェリーの第1便(呉⇔江田島の第2便)がやってきました。

おっと、もうすぐ7時ですね。

家に帰って、朝ご飯、朝ご飯~



(普段は寝坊助なくせに)月を見るために?わざわざ早起きして…?

とダンナ様には呆れられてしまいましたが、

あちこち出かける元気が出てきたということで、まぁ笑って許して~。(;゚∀゚)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。