時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まろ君の一大事。

Posted by まろん on   12 comments

← コメント欄をチェックするときは、日付の下の CM をクリックしてね
 
 
 
前回記事に、お悔やみ&お見舞いメッセージをありがとうございました。(*^_^*)

ここ数ヶ月(おそらくはブログが原因で ^^; )

一日の生活リズムがかなり夜型になっていた私。

そこに、お通夜や葬儀といった非日常的な時間の流れが加わって、

ますますとんでもないことになり、

さらには、忙しさと緊張感からか、ずっと頭痛に悩まされ…。 (@@)

そんなこんなで、疲れが取れず、いつまでも尾を引いてしまったようです。

もう少し若ければ、早々にしゃき~んと立ち直れるはずの気力も体力もないのが、

なんとも悲しいですね。(T_T)



さて、私のことよりも、まろ君の一大事。

(短く簡潔に…と思ったけれど、ちょっと長くなりそうです。)



20110619-02.jpg
こ~んなポーズは大丈夫なんだけど…



20110619-01.jpg 
この角度からだと、ギリギリかな…。



そして、これ。
20110619-03.jpg 
左右をよ~く見比べたら、

わかるかもしれないけれど、

でも、別に大した違いとも思えない…?



ええ~い!

もったいぶっても仕方ない!

真実をお見せいたしましょう!!



20110619-04.jpg
衝撃の尻尾写真!(@@;)


  
20110619-06.jpg 
正面から見た図では、オレンジ色で補った部分の毛が

ごっそり無いのですよ…。



背中からお尻にかけて、そして、尻尾の付け根まで!

バリカンで見事に刈り取られてしまいました。(T_T)

(特に、↑写真のように、向かって右側の部分。)



20110619-05.jpg
現段階でお見せできるのは、ここまでです。

ああ、なんとも無惨な下半身…。(>_<)



みっともないだけならまだいいのですが、

実は、まろ君には、すごくつらい思いをさせてしまったわけでして。

(この後の話、本当に長いですよ…。)



長毛種のクセに、お手入れ大嫌い!

ブラッシングなんかさせるもんか~!

と、ガブガブ攻撃で人間を悩ませ続けるおネコ様。

それでも、これまでは何とか抜け毛の季節を乗り越え、

無事に夏を迎えていたんですけどね。



今年は、これまでになく抜け毛&毛玉がひどかった…。



もともと、皮膚になんらかの疾患があるのか、

初めて我が家に来た春も、

短期間で異様なほど毛が抜け落ちて、

丸裸のようになってしまったまろ君。

そのときは、まだ子ネコちゃんで毛が短かったためか、

大事には至らなかったのですが、

今年は、あっと言う間に成長した巨大な毛玉がまろ君の皮膚を引っ張り、

もはやハサミで少しずつチョキチョキ…なんてレベルを超えてしまって、

手がつけられない状態に…。(@@;)



それでも、そのうち、なんとかなるのでは…と思っていた愚かな飼い主。

まろ君にとって不幸だったのは、

やっと異変(皮膚が赤くただれて痛そう。食欲がない。暗いところでじっとしている。)

に気づいてあげられたのと、

義母がそろそろ危ないかも…という知らせを受けたのとが、

ほぼ時を同じくしていたこと。

さらに、間の悪いことに、ちょうど週末にかかってしまい、

かかりつけの動物病院もすでに留守番電話…。



週が明けた月曜日の朝。

その日はお通夜でもあるし、

まろ君は二日ほどかかりつけ病院の中のペットホテルで過ごしてもらわねば…と、

再び動物病院に連絡を入れたところ、

「まろちゃんは、ちょっとこちらでは預かるのが難しいですねぇ。」

とはっきり断られてしまい、もう何がなんやら。

そこをなんとか…と、通夜と葬儀を控えた我が家の状況

(一般的なものとちょっと異なるので、

きっと理解はしてもらえない類の話だけど…)や、

まろ君の皮膚の状態も説明したけれど、

じゃあ連れてきてくださいということにもならず。

2年前に預かってもらったときも、難色を示されたけれど、

まさか本当に拒否されるとはね…。



はぁ…。しばし途方に暮れました。

ここで新しい病院を探して連れていくという、時間と気持ちの余裕は無く、

ええい、こうなったら、うちのケージの中でなんとかする!!と腹をくくって、

通夜と葬儀を乗り切ったのでした。



まろ君も、状況を察してか?健気に大変な数日をいっしょに乗り越えてくれて、

ほっと一息…。

で、ふと気づくと、やはり食欲がなくて、

暗い押し入れの中でじっとしている…という状態に戻っており、

ここでやっと動物病院へ。(あ~、ダメダメ飼い主!)



病院、変えました。

今までの所は、ネットで調べて、

ちょっと遠いけど一番充実していそうなところを選んで、

3年間ずっと診ていただき、

獣医さんに対しては、私もかなり信頼を寄せていたんですけどねぇ。

他のスタッフの面々にとんでもない凶暴猫だと思われている以上、

ここにお世話になるのはもう無理かと…。(T_T)




初めての病院。

ズバズバ言われました。

あなたのしていることは、虐待に等しいと。

抜け毛が絡まって、皮膚を傷めてしまっていたまろ君、

相当痛かったみたいです。

人間側の事情をあれこれ言っても言い訳にしかならないので、

その通りですね…と、黙って聞くしかありませんでした。(T_T)



で、嫌がるまろ君を押さえつけて、一気にバリカンで毛刈り!

必死に抵抗するのをものともしない獣医さんや若い女性スタッフに、

ああ、申し訳ないなぁ、でもやっぱりプロはすごい…!と感謝。

そして、つらい思いをさせたまろ君、本当にごめん!ごめんなさい!!


 
毛玉を全て除去して、心身ともにスッキリとしたまろ君。

ただれていた皮膚も、少しずつ回復してきました。

毛のない下半身…見た目は、まだかなり問題アリですが、

食欲はモリモリ!

今は、元気で毎日を過ごしています。



ところで、獣医さんの話には続きがあり、

「手入れをさせてくれないのなら、

年に2回全身麻酔して、毛を刈りましょう。

まだ若いので大丈夫。

2万円もあれば、お釣りがきますよ~。

一週間ほどして、皮膚の状態が落ち着いたら、また連絡してくださいね。」

とのことなのですが…。


 
さぁて、どうしたものか。

思案中・・・・・・。 ( ̄ー ̄;)
 
 
 
  

Comment

ミミココ says... "No title"
うーんうーんうーん悩みますね

猫の毛玉って皮膚に食い込むんですよね皮膚病も恐いけど・・・
でも全身麻酔だなんて体に負担のかかること
そう何回も恐ろしくてできませんよねぇ!?

いい美容室近くにあればいいのですが
全身麻酔じゃなきゃ出来ないぐらい暴れるんですか?

寝ている時に毎日ちょっとずづ毛玉じゃない所も予防のために
短くカットをされてはどうでしょう
去年のココアのようにボロモップのようになっちゃいますけど・・・

我が家でも絡まる季節になってきてココアとシロンのおしり部分をカットしました
少しずつしか出来ないんですけど
ロン毛は本当に毛玉問題があるから頭が痛いですねぇ

まろ君のライオンのようなしっぽ・・・ちょっと笑ってしまいましたが
伸びかけがメチャメチャ可愛いのでこれから楽しみですよー!!

それよりなにより元気になって良かったです
2011.06.20 00:08 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.06.20 00:09 | | # [edit]
モズライト says... "No title"
ま~ まろ君 食欲が出てきて何よりですね 猫も大変だが人間も大変ですね~
夏だからシッポはライオンカットかと思ったら大違いでした
また悪い時期に重なってしまい お疲れさまでした_| ̄|○
2011.06.20 05:40 | URL | #5zjWDM/s [edit]
宮碧ちこた says... "No title"
まろくんもホントに大変だったのですね~(゚ω゚;)
ウチは毛の長いコを飼った事が無いので知らなかったんですけど…
毛玉が固まるとそんな大変な事になっちゃうんですね!?
2011.06.20 17:00 | URL | #- [edit]
まぁーこ says... "No title"
遅くなってしまいましたがお義母様のご冥福をお祈り申します

で、まろくん・・・
本当に大変なことになりましたね@@

わんこもそうですがグルーミングが必要な子を放っておくと毛玉になってそのままカイカイした時
皮膚ごとはがれちゃったりするんですよね・・・
シェイダーなどで普段なでなで程度に毛をとるのも無理かな??

それにしても新しい病院はちょっと不信感が・・・
他の病院にも相談してみたらいいのではないでしょうか??

不妊手術で亡くなってしまう子もいるんだから全身麻酔が100%安全だとは言えないよね・・・
まろ君にとって最善な方法が見つかりますように・・・
2011.06.20 23:29 | URL | #- [edit]
yae says... "No title"
あら、まろんさんも頭痛だったんだ@@;原因は違うけど私も^^;
辛いですよね~頭痛の時って(泣もう大丈夫なのかな?

それとまろくん、大変だったんですね。。
でも切り傷とかじゃなくてよかったですよ(それはウチか~^^;)
いくら暴れるからと言って預かりを拒否る病院、変えてよかったんじゃないでしょうか・・
ウチもおとなしい方じゃなく、先生が触ろうとしただけでフゥ~フゥ~
言って突如野生化してますが^^;それでもカラーをつけたり
スタップの方一人でしっかり押さえこんで治療してくれて
それでも文句を言われたことはありません。

でも全身麻酔、年2回は若いといっても気になりますね・・
かかる料金もですが^^;まろくんの負担を考えると考えてしまいますよね。。
でも年に1回くらいなら大丈夫だと思いますよ^^
それとこれ私の考えですが、一度全身カットをすることで
絡んでいた毛がクリアになるので、まろくんもブラッシングは気持ちの良いもの・・
って意識が出てくるかもしれません。
毎日じゃなくともマメに慣らしていくことは必要かもしれませんが。
それと時々シャンプーしてあげると毛が絡みずらくなるかも・・

いろいろ書きましたが、ウチもねまだ未処理の毛玉が残ってて
今回の記事を拝見して、実はドキドキ^^;
早く処理しないとなぁ・・・って思いました^^;
まろくんのライオンしっぽ可愛いですよ^^
おしりもチラッと見えてますが、どんなまろくんでも可愛いですよ~大丈夫^^
2011.06.20 23:34 | URL | #EnqtKzKU [edit]
のん福レオのお母さん says... "No title"
遅くなりましたが、お義母様のご冥福を心からお祈り申し上げます。。
家でお通夜や葬儀をされたとのこと、
大変だったでしょうね。。
まろんさんの所は、イナカなのですか~(@@)
そして、まろ君も大変でしたね。。
これに懲りて少しはブラッシングさせてくれようになればいいのですが・・。。
全身麻酔をかけて、バリカンだなんて…ビックリ
せめて、年1回にしてあげて~。。。
2011.06.21 13:44 | URL | #W3zumXIw [edit]
侍従長 says... "No title"
ちょっと訪問を控えていた間に大変でしたね。
お義母様。
お悔やみ申し上げます。
上や下への大変な中、まろ様もこれまた一大事でしたね。
やはり長毛さんは大変です。
うちのあの娘は何のかんの言ってもまだ楽な方です。
まろ様。
麻酔はともかくとしても年に一度はマルガリータですっきり爽やか、お肌も健康維持のためには仕方がないのかと。
まずは健康第一ですからねぇ。
2011.06.21 19:27 | URL | #qDfdtOiE [edit]
yuki says... "No title"
お疲れ様でした。大変でしたね。
まろんさんも、体調崩さないよう気をつけてくださいね。

まろくんも大変だったんですねぇ!
麻酔をかけてというお話たまに聞きますけど、体には影響ないのかしら。
それとも毛玉が出来るよりはいいのかしら。
トリマーさんでは無理なのかな…う~ん…わたしも悩みそう。
でも、ともかく治って元気になって良かったです^^
まろくん、今はすっきり涼しくて気持ちいいかも。

ちわりも病院では凶暴になるので、色々切ない思いしてます…
「家ではいい子なんです!怖がってるだけなんです~」って、
大声で言いたくなることもしばしばです^^;

あと、まろんさん、お忙しいのにありがとうです。
後でメールします^^
2011.06.21 21:39 | URL | #vh/yKwqE [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.06.21 21:49 | | # [edit]
まろん says... "コメントをありがとうございました。"
皆様、いろいろとアドバイスやご意見を
どうもありがとうございました。(*^_^*)

いや~、凶暴な長毛種猫って、いっしょに暮らしてみなきゃ、
その大変さはわかりづらいかも…。(^^;)
(私も、ここまで大変だとは思ってなかった…。)
世の飼い猫ちゃんたちは、
人間によるお手入れがほとんど不要の短毛種の子とか、
長毛だけどブラッシング大好きっていう子、
または、聞き分けのよいお利口さんの方が、
もしかして圧倒的多数なのかも…???
うちの子は、きっと、稀に見る厄介なおネコ様~。(^^;)
(そんなふうに育てたのは誰だ~と言う声も
聞こえてきそうですが…。)
テレビのニュースでよく見る羊の毛刈り。
あんなふうに、簡単に(もちろんプロがやってるから
そうなんだろうけど)あっと言う間に丸裸にできれば、
毛玉の苦労なんかないのにね~。

顔回りと頭は、いくらでもブラッシングOKのくせに、
ちょっとでもお腹や背中に当たると、ダメダメなんですよね。
美容院に連れて行くなんて選択肢は、あり得ませんから~。(T△T)
(門前払い間違いない!)
ファーミネーターやら、猫用バリカンやら、ピロコームやら、
あちこちのブログなどで見かけた便利グッズも
あれこれ試してはみたんですけどね。
なかなかこれという決定打は未だ現れず…です。
でも、どうにかして、お手入れしてもらうことの心地よさや快適さを、
この子にも知ってもらわなくっちゃね…。

ミミココさんちのココアちゃんのように、
ボロモップ覚悟で普段からハサミを入れていくというのが、
一番現実的かな…。
まぁ、ハサミも、よく切れるのじゃないと用を為さないので、
細心の注意が必要ですけどね。
寝ていても、すぐに目を覚ますので、
一度に2~3箇所切るのがやっと。
時間をかけて地道にやっていくしかないですね。

麻酔をかけて丸刈りに…というのは、究極の選択ですね。( ̄ヘ ̄;)
(一度やってみるのもいいかも…とも思うのですが、
年に2回というのは、やはり大いに疑問を感じるところ。)
ネットでもいろいろ調べてみたのですが、
全身麻酔が体にかける負担も軽視できないみたいだし、
そもそも丸刈りすることが、健康面でプラスになるのかどうなのか…。
皮膚を傷めないために…ということでは、もちろんプラスなんだけど、
身を守るための毛がごっそりなくなるというのも、なんだかねぇ。

この夏、残った毛の部分が再びひどい毛玉になりそうだったら、
また獣医さんと相談してみようと思いますが、
とりあえずは、皆さんのアドバイスも参考にしながら、
自宅でできることをがんばってみようと思ってます。(*^_^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

自宅葬=田舎!
ぷぷぷ。普通はそうですよね。(^^;)
(私の両親、田舎の実家で自宅葬でした。)
あ~、でも、田舎でも、最近はなんちゃらホールとか
なんとか会館といった葬儀場も、
ポツポツ出現するようになりましたよね。
よほどのことがない限り、便利で遺族の負担の少ない方を
選ぶのが最近の傾向だと思います。
それなりにお金はかかるけれど、
天候や駐車場の心配をしなくていいというのは、
本当にありがたいです。

え~、うちの場合は…ですね。
正確に言うと「自宅」ではなく、
法人格をもった事業所に我々の居住空間が付属している場所…
とでも言えばわかっていただけるかしら?
そう、お盆とお彼岸に忙しい、お○○ですよ~。(^^;)
(平仮名2文字。漢字だと1文字。これ以上は、突っ込みなしで。)
2011.06.21 22:26 | URL | #KujIxLC2 [edit]
ヴィオラ says... "No title"
まろ君、大変でしたね・・・(;_;)
私は長毛猫ちゃんと暮らしたことがないので無知でしたが
お手入れがなかなか出来ないと
毛玉だけでなく、皮膚のことなど色々と気をつけないといけないのですね
食欲にも影響しちゃうとは怖いですね

まろんさん、もう体調の方は大丈夫ですか
お身体ご自愛くださいね
2011.06.22 00:54 | URL | #ies1LsUc [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。