時には猫のように…。

まろ&まろんの春夏秋冬写真日記~チンチラシルバーのおネコ様に仕える日々~

スポンサーサイト

Posted by まろん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご心配おかけしました。

Posted by まろん on   10 comments

ご無沙汰しております。(^^;)

1週間ほどの予定でブログ更新を休むつもりでしたが、

なかなか再開する気持ちが起きないまま、

ズルズルと2週間ばかりさぼってしまいました。

(何かあれば、PCから思い切って離れてしまうのが

私のいたらないところですね。

でも、文章を書こうとしても、思いをまとめることができず、

時間ばかり過ぎていくので、

こんなときは、きっぱりと離れて、無理をしない…。

こういうスタンスで、きっとこれからも

ほそぼそと続けていくんだろうなぁと思っています。)



休んでいる間、メールや鍵コメ等でメッセージをくださった皆様、

本当にありがとうございました。

お返事も十分返さないままで、ごめんなさいね。m(_ _)m

また、心配して(?)覗きに来てくださった皆様も、

ありがとうございました。

今日からまた、ボチボチとブログの世界に復活です。



20111029-01.jpg
昨日、亡くなった友人の家に行って参りました。

今日が四十九日の法要の日だったので、

その前に、どうしてもお別れを言いたくて。

(訃報を受け取ったのは、亡くなってからちょうど一ヶ月が過ぎた時でした。

お身内だけでお葬式をされ、

友人・知人には、ちょっと早い喪中欠礼を兼ねて連絡をくださいました。)



長い間、重い病と闘ってきた彼女。

写真の中のあなたはまだ若く、

高校生の頃とちっとも変わらないステキな笑顔で私を迎えてくれました。

卒業後は、本当に数えるほどしか会ってなかったよね…。

病に倒れてからも、手紙と年賀状だけのお付き合いだったので、

思い出すのは、元気なときのあなたの面影ばかり。



でも、それでよかったんだと思います。

病気で変わってしまった自分を見て、

人が驚き悲しむ様を見るのは、

本人にも辛いことでしょうから。

友達に、来てもらうように知らせようか?と言っても、

『いや、いい…。』としか言わなかったですから。

手紙や年賀状は、何よりの励みになっていたようで、

元気になったら、また手紙を書けばいいよね…と。



ずっと彼女を支えてきたご主人の優しい人柄に触れ、

訃報を聞いて以来、

会いに行かなかった自分を責めていた心が、

ほんの少しだけ軽くなり…。



でもね、でもね、

やっぱり会いに行けばよかった。

最後にもう一度会いたかった。



ごめんね。本当にごめんね。



そして、今までありがとう。

いつまでも忘れない。

ずっとずっと忘れないからね。


       
 







20111025-004.jpg 
冬を前に、見た目が少しずつボリュームアップしてきているまろ君。



20111025-003.jpg
相変わらず、人が読んでいる新聞の上に寝そべるのが大好きです。



20111025-002.jpg
   今日は、天敵ねぇねぇの新聞の上に乗ってやったでし!



20111025-005.jpg 
いいのよ、まろちゃん さぁ、ねぇねぇとイチャイチャしよう~

   
   うわっ、こういう展開は勘弁してほしいでし!



「フ~ッ!!」も「シャア~~~ッ!!!」も出なくなった今では、

結構仲良しなのかもね?このふたり。

Comment

侍従長 says... "No title"
お?
復活されましたね。
その御友人のためにもまろん様は元気でいることが大切です。
心が落ち着くまでは無理は禁物ですから。
まろ様。
天敵の娘様にもようやく戒厳を解除されたようで。
なによりなにより^-^。

2011.10.31 08:57 | URL | #qDfdtOiE [edit]
のん福レオのお母さん says... "No title"
ご友人とのお別れは辛かったでしょうね。。
ご冥福を心からお祈りいたします。。
過ぎし日の思い出を大切にしてくださいね。。
まだまだお若い方とのお別れは、
悲しみでいっぱいです。。
まろんさん、ご友人の分も人生を楽しまれてくださいね。。
2011.10.31 10:13 | URL | #W3zumXIw [edit]
yuki says... "No title"
ナオキ母が亡くなった時、
どうしてもっと会いに行かなかったんだろう、って思いました。
でも、会うことだけが全てじゃないですよね。
思い出は大事にして、折々アルバム取り出すように思い出したい、
と、思っています。
まろんさんもお体気をつけてくださいね。

まろくん、オンナの扱い方を覚えたのかしら^m^
2011.10.31 20:09 | URL | #vh/yKwqE [edit]
宮碧ちこた says... "No title"
こぉいう時って何とも、やり切れない気持ちになってしまいますよね。
お友達もきっと、まろんさんからのお手紙にたくさんの元気をもらっていたと思いますよ。
2011.10.31 21:07 | URL | #- [edit]
Rucion says... "No title"
チチを亡くしたあと、上司のひとりが
「時間が解決してくれるから、それを待ちなさい」
と言ってくれました。
そのときはそんな日がいつ来るんだろうと思いましたが、
いつのまにか時間に解決してもらいました。

無理に忘れたり思い出そうとしたりしなくてもいいんだと思います。
ふつうに感じてふつうに考えてふつうに思うこと。
それがいわゆる供養になるんじゃないかしらって。
なによりもご自分をいちばん大切になさってください。
2011.10.31 22:54 | URL | #C8yVuyDQ [edit]
まぁーこ says... "No title"
お友達の訃報心からお悔やみ申し上げます
早すぎますよね・・・

ブログなんてマイペースでいいと思います
今はまろんさんのお心のままに・・・

私もたまに全く書けなくなる・・・
でもブログのお友達から頂くパワ-にはとても感謝してます

で、まろくんとねえねは随分と距離が縮まったのね^^
夏まろ君と冬まろ君ぜひもふもふの違いを並べて見せてください!!
2011.11.01 07:40 | URL | #- [edit]
まろん says... "No title"
★侍従長さん

お気遣いいただきまして、ありがとうございます。
親しい友人の死は、今回が初めての経験だったのですが、
親や兄弟が亡くなるのとはまた違った心の痛みがありますね。
思い出をいっぱいくれた友人に感謝しながら、
また元気に前を向いて生きて行かなくては…
と思う今日この頃です。

娘は相変わらず下手なちょっかいをかけては楽しんでいます。
まろはどう思っているのか定かではありませんが、
仲良くなったと油断させておいて、
そのうち実力行使に出るのではないかと気を揉んでおります。(^^;)


★のん福レオのお母さんさん

お悔やみいただきましてありがとうございます。
才能豊かだった彼女、元気で生きていれば
きっと多くの仕事を成し遂げただろうに…と思うと、
本当に残念でなりません。
ご主人の実家のお墓は石川県にあるので、
納骨はそちらの方になるのだとか。
遠くてお墓参りに行けないのが、なんとも寂しいです。(T_T)


★yukiさん

温かい言葉をありがとうございます。
そうですね。会うことだけが全てじゃない…。
彼女との思い出は、心の中の大切なアルバムの中にしまい、
折りに触れて、そっとページを開いてみるようにしたいと思います。
思い出の中の彼女は、いつも笑顔なので、
私もいつまでもメソメソしてちゃダメですよね。

ふたりの関係、このまま良い方向に向かえばいいんですけどねぇ。
油断していると恐ろしいことになるかも…。


★宮碧ちこたさん

励ましの言葉をありがとうございます。
電話より、何度でも読み返せる手紙の方が、
ずっとずっと心に残りますよね。
でも、そんなに筆まめじゃない私。
もっと書いてあげればよかったなぁ…。(T_T)


★Rucionさん

心に沁みるメッセージをありがとうございます。
そうですね、大抵のことは時間が解決してくれると思います。
私の場合は、母が亡くなって20年、父は10年。
当初の悲しみは、時の流れの中で徐々に消えていき、
時折そっと思い出しては、また忘れていく…
その繰り返しの中で今を生きているような気がします。
友人の場合は、いっしょに過ごした時期は短くても、
心と心が響き合う時間を過ごした間柄なので、
身内の場合とはまたちょっと違った切なさがありますが、
これもきっと時間が乗り越えさせてくれると思います。


★まぁーこさん

お悔やみいただきましてありがとうございます。
そうです。早すぎました…。
ご家族も、発病当時から覚悟されてたとはいえ、
また良くなるのではないかという希望も
捨ててはいらっしゃらなかったので、
本当に残念でなりません。
ブログに書くのに時間が必要でしたが、
やはり皆様からの温かい励ましの言葉には、
勇気づけられますね。
感謝申し上げます。

夏まろVS冬まろ。またいずれ記事にさせていただきますので、
お楽しみに。(^^)
2011.11.03 12:12 | URL | #KujIxLC2 [edit]
ここちゃこ says... "No title"
まだ近い友人を亡くしたことはありませんが
一緒の時代を過ごした同年代の友達を見送るのは
悲しいと同時に、とてもショックな事なのでしょうね。
まろんさん、元気だしてね。
2011.11.03 12:49 | URL | #wVRCwILk [edit]
まろん says... "ここちゃこさんへ"
お気遣いありがとうございます。
友人が闘病中であることは十分わかっていたのですが、
まさかこんなに早く別れが来るとは思っていなかったので、
訃報をいただいたときは、本当に愕然としました。
彼女に対して、もっと自分にできることがあったはずなのに。
いくら後悔しても遅いのですけどね…。
早すぎる死は、辛いですね。
2011.11.03 23:31 | URL | #KujIxLC2 [edit]
花あじさい says... "No title"
お友達のご冥福を お祈りしています。
なかなか 病気で弱った顔は 見せたくないって気持ちは 分かります。
だから きっと お花を届けてもらって お友達も ご主人も 喜ばれていると思います。
当時者は お友達が 忘れてないよって きてくださったことが 心慰められるんではと
思います。

正直は もっともっと長く元気で いて欲しかったですよね。
彼女の分も まろんさん 元気出して 日々大事に頑張りましょうね!(^^)
2011.11.04 09:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。